保育方針

子どもは生まれながらにして伸びていく力を持っています。
私たちは、その子ども達の伸びる力を信じ、4つの悦びを大切に考えて取り組んでいます。

  • 活動する悦び
    興味・関心のあることに生き生きと取り組むこと。
  • 伸びた悦び
    達成感を味わい、できた喜びを十分に感じられること。
  • 考えてやった悦び
    自分でやりたいことを考え工夫してやりとげること。
  • みんなでやった悦び
    自分の悦びも仲間の悦びも共感できること。

子どもそれぞれに個性があり、やりたい事がなかなかやれなかったり、考えているうちに時間がなくなったり、友達とケンカになったり、様々です。
しかし「失敗」は「いけない事」ではありません。次のステップへとつながる大切なプロセスです。転ばないよう抱っこばかりしていては、その子は歩けなくなってしまいます。
転んだことを認め、起きあがれる力、転ばないよう考える力を持った人になってほしいと思っています。

私たちは転んだ時に「痛かったね」と癒し、けがをしたら治療をし、「行ってらっしゃい」と次へ送り出せるよう、ご家庭と協力していきたいと願っています。

知識より生きた知恵

自然と親しみ、色々な生活体験を積み重ねて行くことによって豊かな知恵が身に付きます。

園庭の樹木や草花、夢前川の河原で虫探しをしたり、花を摘んで飾ったり、英賀神社で木の実を拾ったり。身の回りにある自然の中で色々な発見をします。
「これは何かな?」と興味を持って図鑑で調べたり、実際に生き物を飼うことによって、より生態を知り、身近に感じ、生命の大切さを感じていくでしょう。

農園での種まき、水やり、収穫、そしてクッキング。野菜ができていくその過程で子ども達が関わり、育てること。そして、自然の恵みを頂くことによって食べる大切さを学んでいきます。

また、季節の行事や地域との関わりの中で、様々の生活の知恵や長い間、人間が積み重ねてきた文化に触れるように努めています。家族・友達・先生・地域の人々が暖かく見守ってくださっていることを喜び、大勢の人との触れあいを大切にしていきたいと願っています。

園歌

広英保育園園歌

  1. 真白な花咲く 藤の下
    先生と私 おともだち
    みんな仲良く ランランラン
    たのしい広英保育園
  2. 小さな種から のびてきた
    ひまわりあさがお 咲くお庭
    みんなプールでキャッキャッキャ
    たのしい広英保育園
  3. 青いお空を 赤トンボ
    いもほり遠足 運動会
    みんな元気に ランランラン
    たのしい広英保育園
  4. おうたやお話 ゆめのくに
    ゆめさき川辺の 寒い風
    なわとびマラソン ほっかほか
    たのしい広英保育園