絵本読んで!

絵本:ぐりとぐら

「ぐりとぐら」
作:なかがわ りえこ
絵:おおむら ゆりこ
出版社:福音館書店

たんぽぽ組のお友達と一緒に。

日本で一番有名な絵本といえばこの絵本でしょう。
誰もが読んでもらった記憶のある絵本。

もちろん、たんぽぽ組の子どもたちも何度も何度も読んでもらって、よく知っている絵本です。
今日、あらためて読んでみました。

ぐりとぐらの登場から、みんなじっと絵本を見つめ、お話に耳を傾けています。
そのうちに、子どもたちは絵本のお話の世界へ入り込んでいきます。
本当に子どもたちの集中がこちらに伝わってくるよう。
ぐりとぐらのお話に自分も入り込んで一緒に楽しんだり感じたりしているのでしょう。

最後まで集中が切れることなく読み終えると、空気が一気に戻り、「あーおもしろかった!」と言う言葉の通り、本当に楽しんだのでしょうね。
子どもたちから支持され続けている絵本の中でも、何か特別の魔力でもあるのかと思うくらいです。

コメントは受け付けていません。