2014年 1月 の一覧

更新情報

ギャラリー更新:ほし-雪あそび

ほし-雪あそびの様子をアップしました。
こうえいギャラリーからご覧下さい。

雪の積もったゲレンデでいっぱい遊んできました。
ソリすべり、雪だるま、雪合戦。
いつもと違う環境でのびのびと遊ぶ子どもたちの姿。
1年間の活動の中で育ってきたお友達との絆もしっかり感じながらクラスもまとまってきました。

お知らせ

♪あそびランド~びっくり絵本ワールド

広英保育園 乳幼児子育て支援プログラム「あそびランド」のお知らせです。

典大さんの
「びっくり絵本ワールド」

典大さんの楽しい絵本の世界が広がります。

  • 日時
    2014年2月6日(木) 10:00~
  • 集合場所
    広英保育園 たんぽぽホール
  • 申し込み
    前日までにお電話でお申し込みください。
    当日参加も定員に空きがあれば可能です。
    申し込み先 広英保育園 電話:079-236-0406

 

絵本読んで!

絵本:ふくろうのそめや

img132

「ふくろうのそめや」
日本の昔話
文・絵:奥山 多恵子
出版社:福音館書店

すずらん組のお友達と一緒に羽を綺麗に染めましょう。

昔、森に住む染物屋のふくろうの所に鳥たちがやってきて、羽をそれぞれの模様に美しく染めてもらうお話です。
カラスの羽がなぜ真っ黒か?そのいわれがお話になっています。
私が子どものころに聞いたお話を思い出して、絵本を探してみたのですが、当時の絵本はすでに廃版となっていて、違う作家さんのもと新しい絵本として出版されていました。
モノクロの場面と色鮮やかなカラーの場面を織り交ぜ、鳥たちの美しい羽がカラフルに描かれていて、見る側に羽の模様をうまく印象付けています。

すずらん組の子どもたちもお話の展開をじっと聞きながら、鳥の羽の模様をあらためてじっくり見ているようでした。
河原で見かけるかもの模様や、すずめの羽の色、子どもたちはちゃんと見ているんですね。見たことのある模様に声もあがっていました。
さて、いよいよカラスの番になりました。
真っ白なカラスに「あれ??」となっていた子どもたちですが、お話が進むと、、なるほど、だからカラスは真っ黒なんだ、と納得している様子でした。
「カラス、わがままやもんな」
と、一言。
ふくろうも災難だったなぁ、と同情していました。
子どもたちも、もうすっかりお話の面白さが理解できるようになっています。

お知らせ

2月のすくすく子育てひろば

すくすく子育てひろば会員様

2月のすくすく子育てひろばのお知らせです。

  • 2月3日(月) 10:00~
    豆まき会
    鬼は外!福は内!
    みんなで豆まきをして鬼を追い払いましょう!
  • 2月13日(木) 10:00~
    「おもいで」アルバム作り
  • 2月27日(木) 10:00~
    「おもいで」アルバム作り、おはなしの会

「おもいで」のアルバム作りをお母さん方と一緒に作っていこうと思います。
すくすく子育てひろばでの活動や一年の思い出をアルバムにします。
のり、ハサミ、クレパス、シール、マスキングテープ、写真など、持って来てください。

 

絵本読んで!

絵本:こぐまちゃんのうんてんしゅ

img131「こぐまちゃんのうんてんしゅ」
作:わかやま けん
出版社:こぐま社

さくら組のお友だちと一緒に、ばすがはっしゃしまーす。

いつも、クラスの先生から読み聞かせをお願いされると、1時間くらいかけてどの絵本を読もうかな?と考えます。
「この絵本を読もう」と思っていたのですが、こんなに有名な絵本なのに保育園には置いていませんでした。
早速、シリーズで取り寄せて、今日、読むことができました。

こぐまちゃんがバスのうんてんしゅさんになってお人形たちと一緒にドライブにでかけます。
こぐまちゃんシリーズのお話はとても生活に密着しています。
生活の絵本という表現が正しいかどうかは分かりませんが、日常に起こるだろうことをこぐまちゃんと一緒に子どもたちも体験していくような形式です。
「こぐまちゃんおはよう」などは本当に日常の生活のお話ですね。
「こぐまちゃんのうんてんしゅ」は、運転することを通じでこぐまちゃんの感じている楽しいごっこ遊びの世界を子どもたちも共有して楽しめます。

バスに乗るシーンから、子どもたちもすっかり乗った気分。
びゅーんとスピード上げたり、渋滞につかまったり、他の自動車の様子を見たり。こぐまちゃんと一緒に楽しんでいる様子。
ゆうえんちに到着しても降りない乗客もいたりして、子どもたちのもっと乗っていたい気持ちを代弁しているようです。
事故が起きると「あーあー」と残念なつぶやきをもらしていました。

子どもたちの日常の遊びの中で自分なりのイメージを広げ演じて楽しむごっこ遊び。
こぐまちゃんのごっこ遊びにさくら組の子どもたちもイメージを膨らませていました。