絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ、ひまわり)

今年度も読み聞かせを通じて、子どもたちとに一緒に絵本の世界を楽しんでいこうと思います。
今日は、たんぽぽ組、ひまわり組の子どもたち。
3歳前後の子どもたちが大好きな「きょだいなきょだいな」を読みました。
3歳児クラスの子どもたち新入園児のお友だちが多く、保育園での読み聞かせに興味津々で聞いてくれます。
この頃の子どもたちは色々なものごとが理解できるようになってきて、自分なりの認識が発達してくる時期です。
絵本の楽しい世界観に浸りながら、ユニークな発想でその世界を広げることが面白いと感じるようになり、それを言葉で表現して他者と共有しようとしたりします。
そして他者との対話の中から新たな発想を得て、自分の世界観をより深く理解していくことでしょう。
まさに悦びが子どもを成長させているのですね。

さて、絵本を読んでの子どもたちの姿です。
「あったとさ、あったとさ」
くり返されるリズム感のある文章は、子どもたちをゆるやかに絵本の中へ誘います。
ありえない面白いきょだいなものが次々に登場するのですが、そのたびに子どもたちはわくわくした気持ちで見入っています。
絵本の中ではそのきょだいなものと子どもが楽しく関わる姿が描かれているのですが、その姿を自分たちに投影して楽しんでいるのでしょうか。

子どもたちが一番気に入ったのは「きょだいなあわたてき」
「お空ぐるぐるしたらカミナリさんがおっこちてくるで!」
面白い発想ですね。
「きょだいなトイレットペーパー」では、
「トイレットペーパーの上で寝れるやん!」
きょだいな何かの楽しみ方。
子どもたちはいろいろ考えながら楽しんだようです。

コメントは受け付けていません。