絵本読んで!
紹介した絵本これまで紹介した絵本
絵本読んで!

絵本:ちいさな ねこ

img140「ちいさな ねこ」
作;石井 桃子
絵:横内 襄
出版社:福音館書店

今日は3歳のクラスと2歳のさくら組さんでこの本を読んでみて、子どもたちの反応の違いを見てみました。

この本は、ちいさなこねこがお家から飛び出して、外の世界へ冒険に出かけるお話です。
途中、いろんな危険に出くわし、それらを避けながらハラハラドキドキの旅を経験していきます。
横内さんの実写に見まごう素晴らしい描写の絵が、よりリアルにねこの表情や動きを描き、命あるものを写し取っていています。
また、単純ながらもちゃんとしたストーリーのあるお話も、より深い絵本と物語の世界に入り込む入り口としてお薦めできます。

さて、まずは3歳児さん。
たんぽぽ組とひまわり組でそれぞれ読みました。
子どもたちは飾り気のないリアルなこねこの姿に見入っていました。
自動車にひかれそうになると、「あぶないで!」「ぶつかる!」と、思わず声が出ます。
助かったこねこの姿にほっと一安心。
絵本を見つめる表情にその安堵感が見て取れました。
表面的な絵の説明ではなく、ちゃんとお話の場面を理解して、危ない、怖い気持ちが自分のなかで沸き起こる。子どもたちの心の成長が感じられます。
犬に追い立てられ、母親ねこが助けに来てくれたときは、きっと自分たちが困った時に助けてくれるお母さんのことを思い出したことでしょう。
自分たちが一番安心していられるの場所はどこなのか?子どもたちは本当によく知っています。

私が一番感心したのは、母親ねこがこねこを口にくわえてお家に帰る場面。それを見た子どもたちが、
「カプって噛んだら痛いやん」という感想があるなかで、
「ねこさん、だっこしとうな」と言うとても素敵な声が。
口にくわえているのはお母さんの「だっこ」だ。
誰に教えてもらったわけでもなく、絵本の中で母親の優しさに触れた子どもの素直な思いなのでしょうね。

続いて、さくら組さん。
絵本を読むのが久しぶりだったのですが、子どもたちは読んでもらえるのがうれしくて、みんなちゃんと座ってワクワクした気持ちを一身に向けてくれました。
本当にかしこく座っているんですよ。
お話の中のいろいろなものを声に出しながら、こねこの冒険を応援してくれるさくら組さん。
自動車に飛び出したこねこの場面がちょっぴり怖かったのか、そっと先生のそばに移動する子もいました。
「じどうしゃ、あぶない!」「とびだしたらあかんで!」
ちゃんとお話を理解して、危険を感じているんですね。
母親ねこが現れた時も、「よかったな~」「おうちどこなか~?」と本当にしみじみと言葉にしていました。
保育園で生活をする子どもたちもこねこと同じ。
毎日が少しの冒険で、不安になることもあるけれど、助けてくれるお友だちと先生に囲まれてゆっくりと成長していきます。
そして、お母さんの元に帰る安堵感と愛情をいっぱい感じることでしょう。
こねこのように、力強く成長していってほしいですね。

絵本読んで!

絵本:しろくまのパンツ

img137「しろくまのパンツ」
作:tupera tupera
出版社:ブロンズ新社

ひまわり組のお友だちと一緒にパンツどこいった~?

亀山達矢さんと中川敦子さんお二人のコラボレーションで描くカラフルで楽しい絵本です。
しろくまさんのパンツがどこかへいっちゃった!?
ねずみさんと一緒にパンツをさがします。
このパンツは誰のパンツ?
色んな動物のパンツが出てきますが、しろくまさんのパンツはみつかりません。
おかしいなぁ?
のんびりしたしろくまさんのキャラクター。
結末もどこかほのぼの、のんびりしています。

絵本の構成もよく考えられています。
この絵本、読む前にしろくまさんの”赤い”パンツをぬがせてあげます。そうじゃないとページがめくれないようになっています。
もちろん、パンツをぬがすその過程も子どもたちに見せてあげます。
また、地味な色使いのしろくまさんとねずみくんに対して、登場する動物たちはとてもカラフルなパンツをはいています。
コントラストの違いが、パンツと主役のしろくまくんを際立たせています。
実はこういったすべては楽しい結末に向けての仕掛けになっています。

さて、この絵本はくりぬき絵本になっていて、いろんなパンツをはいた動物たちがページの向こうに隠れています。
くりぬきから見えるいろんな模様や形のパンツが誰のパンツか?当てっこするようになっています。
子どもたちは出てくるカラフルな楽しい形のパンツを見て、
「シマウマや!」
「キリンさんかな?」
「うさぎさんやった!」
と、口々に自分たちのイメージを伝えてくれます。
ページをめくるとカラフルでユーモラスな動物たちが現れて、子どもたちも驚いたり笑ったり、絵本との対話を楽しんでいるようでした。

一番おもしろかったのは、イカさんのパンツ。
10個本の足が出る水玉パンツ、誰のパンツ?
「タコ!」「イカやで!」と声がします。
ページをめくってパッと現れたのは、、

「なんや、スルメやん!」

(^^;;;
しろくまさん、焼いて食べちゃうの!?

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ、ひまわり)

今年度も読み聞かせを通じて、子どもたちとに一緒に絵本の世界を楽しんでいこうと思います。
今日は、たんぽぽ組、ひまわり組の子どもたち。
3歳前後の子どもたちが大好きな「きょだいなきょだいな」を読みました。
3歳児クラスの子どもたち新入園児のお友だちが多く、保育園での読み聞かせに興味津々で聞いてくれます。
この頃の子どもたちは色々なものごとが理解できるようになってきて、自分なりの認識が発達してくる時期です。
絵本の楽しい世界観に浸りながら、ユニークな発想でその世界を広げることが面白いと感じるようになり、それを言葉で表現して他者と共有しようとしたりします。
そして他者との対話の中から新たな発想を得て、自分の世界観をより深く理解していくことでしょう。
まさに悦びが子どもを成長させているのですね。

さて、絵本を読んでの子どもたちの姿です。
「あったとさ、あったとさ」
くり返されるリズム感のある文章は、子どもたちをゆるやかに絵本の中へ誘います。
ありえない面白いきょだいなものが次々に登場するのですが、そのたびに子どもたちはわくわくした気持ちで見入っています。
絵本の中ではそのきょだいなものと子どもが楽しく関わる姿が描かれているのですが、その姿を自分たちに投影して楽しんでいるのでしょうか。

子どもたちが一番気に入ったのは「きょだいなあわたてき」
「お空ぐるぐるしたらカミナリさんがおっこちてくるで!」
面白い発想ですね。
「きょだいなトイレットペーパー」では、
「トイレットペーパーの上で寝れるやん!」
きょだいな何かの楽しみ方。
子どもたちはいろいろ考えながら楽しんだようです。

絵本読んで!

絵本:たいせつなこと

img136「たいせつなこと」
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイスガード
訳:うちだ ややこ
出版社:フレーベル館

4、5歳のお友だちと一緒に、たいせつなことを考えました。

ずっと前から、年度の最後に読もうと決めていた絵本です。
マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの美しい詩のような文章で綴られる、たいせつなことのお話です。
身の回りにあるものや自然、様々な現象について、そのものが持つ姿や動きが優しい言葉で語られて行きます。
その語り口によって一つひとつが身近に感じられて、また、描かれているシンプルな絵も相まって、イメージが広がっていきます。
そして、それぞれの「たいせつなこと」について短い一言で締めくくります。
例えば、雨にとって大切なのは「うるおす」ということ。
1ページに1つ、そういった「たいせつなこと」が語られています。

さて、4、5歳の子どもたち。
この絵本は、詩のような美しい文章が、聞き手のイメージを引き出すようになっていますので、読み方もゆっくりと、かみしめながら読んでいきます。
子どもたちはお話を静かに聞きながら、どんどんイメージを広げている様子です。
一つひとつについて「たいせつなこと」を聞きながら「そうか、なるほど」と思う子もいれば「ほかにもあるよ」と思う子もいるようでした。

この美しい詩の中で、マーガレットさんの意図したことは何でしょうか。
私の想像ですが、それは子どもたちがあらゆることについて見る目を持ち、自由に思いを巡らせ、その中からその子が「たいせつなこと」を自分で見つけること。それが「たいせつなこと」なのだと言うこと。そうではないだろうか思うのです。
ですから、詩の中に出てくる様々なものについての「たいせつなこと」が聞き手によって違和感があってもよいのです。
その時はまた、自分にとって「たいせつなこと」を見つければいいのですから。

読み終えて、子どもたちから色々な言葉が出てきました。
「園長先生ってどんなん?大切なことは何やろう?」
と聞くと、
「めがねをかけてること!」「こっそり見てくれてる」「絵本読んでくれる」と、私のイメージを口々に教えてくれました。

『園長先生は、いつもめがねをかけていて、そのおめめでキョロキョロみんなを見ていて、お部屋に来ると絵本を読んでくれる。
でも、園長先生にとってたいせつなのは??』
「ほいくえんにおることや」
だって(^^)

「じゃあ、おかあさんにとって大切なことは何やろう?」と聞くと。
「美味しいご飯作ってくれる!」「病気になったら一緒にいてくれる!」「がんばって働いとう!」「こら!ゆーて怒るけど優しい!」「ぎゅってしてくれる!」
子どもたちの口から、言葉が止まりませんでした。

絵本読んで!

絵本:かちかちやま

img135「かちかちやま」
日本の民話
再話:おざわ としお
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店

すずらん組のお友だちと一緒に、このあたりはかちかちやまさ。

おなじみの日本の民話です。
じいさまとばあさまに悪さをする山のたぬき。
ばあさまをだまして殺してしまい、じいさまを悲しませます。
それを聞いた山のうさぎは悪だぬきを懲らしめる策を繰り広げます。
実にひょうひょうとした姿で描かれるうさぎの姿ですが、その懲らしめ方は容赦なし。火をつけ、唐辛子を塗り、泥舟で沈めてしまうのですから。現実ならばびっくりしてしまいます。
そんな昔話ならではの残酷さはありますが、悪いことをすれば巡り巡ってひどい目に合うのだということを伝えてきた日本の物語の一つの表現方法ともいえます。

さて、子どもたちもこのたぬきの悪さに「悪いやつや」と怒っていました。
そしてもちろん、うさぎの仕返しにだまされるたぬきへの同情はありません。
物語の善し悪しを語るより前に、お話を見て聞いて、直感的に感じることへの素直な反応が大切です。
悪いことだということは、そんなことはしてはいけないのだということ。
だから、たぬきの悪事をまねしようと思う子は一人もいません。
だって、そこには喜びは描かれていないのですから。

絵本読んで!

絵本:すてきな三にんぐみ

img133「すてきな三にんぐみ」
作:トミー・アンゲラー
訳:いまえ よしとも
出版社:偕成社

すずらん組のお友だちと一緒に、あかいぼうしにあかまんと。

トミー・アンゲラーさんの素敵なお話の絵本です。
泣く子も黙るこわーい三人組の強盗がひょんなことから可愛らしい女の子と暮らすことになります。そして、いつの間にか女の子の描く素敵な世界(社会)を作り上げることに生涯をささげていくお話です。
なぜかこのお話は子どもたちも大好きです。

すずらん組の子どもたち、読み始めると怖い三人組の様子にちょっとびっくり。
怖い話なんじゃない?という空気が流れます。
何せ三人組の悪事を全体の半分のページを使って描いているのですから、子どもたちも勘違いするでしょう。
このままじゃ女の子は大変な目にあってしまうんじゃ?と思った子もいるようでした。
ところが、終盤にかけてまったく真逆の展開に、子どもたちの緊張もすぐにほぐれていきました。
お揃いのあかぼうしにあかまんとの子どもたち。苦しんだり悲しんだりしていない様子を見て安心したのでしょう。
それと同時にわいてきた疑問。
三人組は善い人?悪い人?
「三人組って悪い人やんな?」
「でも、みんな助けとったで」
「最初は怖いで」
「悪者やったけど、良くなったんや」
「みんな仲良くなったもんな」
子どもたちの素直な感想がこの絵本への思いを表しているように思います。

子どもたちが、優しく安心して過ごせるのはなぜでしょう。
おれはきっと世の中の根っこは、悪い人ではなく、多くの善良な人の心によって支えられているから。
それは、この三人組であったり、お父さんやお母さんであったりするかもしれませんね。

絵本読んで!

絵本:ふくろうのそめや

img132

「ふくろうのそめや」
日本の昔話
文・絵:奥山 多恵子
出版社:福音館書店

すずらん組のお友達と一緒に羽を綺麗に染めましょう。

昔、森に住む染物屋のふくろうの所に鳥たちがやってきて、羽をそれぞれの模様に美しく染めてもらうお話です。
カラスの羽がなぜ真っ黒か?そのいわれがお話になっています。
私が子どものころに聞いたお話を思い出して、絵本を探してみたのですが、当時の絵本はすでに廃版となっていて、違う作家さんのもと新しい絵本として出版されていました。
モノクロの場面と色鮮やかなカラーの場面を織り交ぜ、鳥たちの美しい羽がカラフルに描かれていて、見る側に羽の模様をうまく印象付けています。

すずらん組の子どもたちもお話の展開をじっと聞きながら、鳥の羽の模様をあらためてじっくり見ているようでした。
河原で見かけるかもの模様や、すずめの羽の色、子どもたちはちゃんと見ているんですね。見たことのある模様に声もあがっていました。
さて、いよいよカラスの番になりました。
真っ白なカラスに「あれ??」となっていた子どもたちですが、お話が進むと、、なるほど、だからカラスは真っ黒なんだ、と納得している様子でした。
「カラス、わがままやもんな」
と、一言。
ふくろうも災難だったなぁ、と同情していました。
子どもたちも、もうすっかりお話の面白さが理解できるようになっています。

絵本読んで!

絵本:こぐまちゃんのうんてんしゅ

img131「こぐまちゃんのうんてんしゅ」
作:わかやま けん
出版社:こぐま社

さくら組のお友だちと一緒に、ばすがはっしゃしまーす。

いつも、クラスの先生から読み聞かせをお願いされると、1時間くらいかけてどの絵本を読もうかな?と考えます。
「この絵本を読もう」と思っていたのですが、こんなに有名な絵本なのに保育園には置いていませんでした。
早速、シリーズで取り寄せて、今日、読むことができました。

こぐまちゃんがバスのうんてんしゅさんになってお人形たちと一緒にドライブにでかけます。
こぐまちゃんシリーズのお話はとても生活に密着しています。
生活の絵本という表現が正しいかどうかは分かりませんが、日常に起こるだろうことをこぐまちゃんと一緒に子どもたちも体験していくような形式です。
「こぐまちゃんおはよう」などは本当に日常の生活のお話ですね。
「こぐまちゃんのうんてんしゅ」は、運転することを通じでこぐまちゃんの感じている楽しいごっこ遊びの世界を子どもたちも共有して楽しめます。

バスに乗るシーンから、子どもたちもすっかり乗った気分。
びゅーんとスピード上げたり、渋滞につかまったり、他の自動車の様子を見たり。こぐまちゃんと一緒に楽しんでいる様子。
ゆうえんちに到着しても降りない乗客もいたりして、子どもたちのもっと乗っていたい気持ちを代弁しているようです。
事故が起きると「あーあー」と残念なつぶやきをもらしていました。

子どもたちの日常の遊びの中で自分なりのイメージを広げ演じて楽しむごっこ遊び。
こぐまちゃんのごっこ遊びにさくら組の子どもたちもイメージを膨らませていました。

絵本読んで!

絵本:あおくん と きいろちゃん

img130「あおくん と きいろちゃん」
作:レオ・レオーニ
訳:藤田 圭雄
出版社:至光社

りんご組のお友だちと一緒に、いろいろ、まぜまぜ。

スイミーでおなじみのレオ・レオニさんの絵本です。
仲良しのあおくんときいろちゃんの一日が描かれたとてもシンプルな絵本です。
絵としてのキャラクタはありませんが、色の違い、形の違いで様々な人や物を表しています。一見、色を塗っているだけのように見えますが、読んでいくうちにそれぞれに個性を感じてくるので不思議です。
人は生まれながらにして、目で見て顔かたち細かいディテールを認識し、分かりやすい違いで個性を見分けることに長けています。
でも、この絵本はもっともシンプルで単純な色と少しの形の違いだけで個性と言う大きな違いを感じさせるように描かれています。
元永定正さんのシンプルな図案の面白い個性の絵本を思い出します。

さて、あおくんときいろちゃんの一日は冒険あり、事件あり、ストーリーも楽しめます。
最初のうち、りんご組の子どもたちはあおくんときいろちゃんの姿にきょとんとしていました。
でも、1歳児の子どもたちはすぐにそのシンプルな絵に個性を見出し、おとうさん、おかあさんやお友達の存在を見つけていました。
「おうちやな~」「ぱぱとままや」
そんなつぶやきを聞きながら話を進めていくと、交わった2人の色が変わったことに気が付いて「みどりや!」って、おかしいなぁ?と感じたのでしょうね。
涙になったあおくんときいろちゃんにも子どもたちはとても強い関心を持っていました。
「色」に注目した、とてもシンプルだけど面白い絵本です。

絵本読んで!

絵本:どんどこどん

img129「どんどこどん」
作:和歌山 静子
出版社:福音館書店

さくら組のお友だちと一緒に、どんどこどん!
つちのなかでぐんぐん育つ色んな野菜が「どんどこ、どんどこ」次々に現れる楽しい絵本です。
小さな芽から始まって、つちのうえに顔を出した葉っぱが登場します。そして、次のページで野菜の様子が描かれるというシンプルな構成。
しかし、野菜ごとに違っている葉っぱの細かい描写や、ちらっと見える野菜の姿がとても印象的に描かれています。その絵に「どんどこ、どんどこ」と言う繰り返しの言葉が合わさると、子どもたちはこの後登場するだろう野菜に期待せずにはいられません。
とてもシンプルですが、子どもたちの期待感を引き出す絶妙な演出がひかります。

さくら組の子どもたちも見事にこの絵本に引き込まれていました。
「どんどこ、どんどこ」と一緒に言葉を口にして、次の野菜はなんだろう?
「おいもほったなー」「ごぼうやー!」と出てきた野菜に目を輝かせていました。
保育園の畑で掘ったさつまいもやだいこんも出てくるので、子どもたちはより身近にこの絵本を感じ取ったようです。
生活の中でのできごとと、絵本の中のできごとを繰り返し思い出し、感じながら自分のものにしていくのでしょうね。

紹介した絵本これまで紹介した絵本
本文中に使用している絵本画像は出版者様の許可を得て掲載しています。転載や二次使用は固くお断りします。