絵本読んで!
紹介した絵本これまで紹介した絵本
絵本読んで!

絵本:ぶすのつぼ

img127「ぶすのつぼ」
日本の昔話
再話:日野 十成
絵:本間 利依
出版社:福音館書店

すずらん組のお友だちと一緒に、あおげあおげ、あおぐぞあおぐぞ。
美味しい水あめを独り占めしようとする和尚さんとそれを全部食べてしまった小僧さんの面白い知恵比べのお話です。
「これは毒だから食べるなよ」と言われた怪しいつぼ。
それを水あめと見破った小僧さんは、和尚さんの留守の間につぼの中身を全部食べてしまいます。
さあ、和尚さんに見つかったら叱られます。大変!
でも悪知恵のはたらく小僧さんはとてもうまい言い訳を考えます。

このお話は狂言「附子」で有名なお話です。
私が小学校のころ、国語の教科書に載っていたのを覚えています。
「あおげあおげ」「あおぐぞあおぐぞ」「そおれ!」
小僧さんがぶすのつぼを取り出し、ふたを開け、食べてみる場面での狂言としての表現がとてもユーモアで今でも記憶に残っています。
この絵本でもその場面の表現が再現されています。
本間利依さんの昔風の味のある版画もとても素敵で、落ち着いた調子で描かれた世界は表情も面白く、お話と一体となって場面を描いています。

さて、すずらん組のお友だち。
最初から最後まで、お話をじっと聞き入っていました。
この絵本は普段よく読む物語的なお話とは少し違い、和尚のたくらみを知った上で小僧の悪知恵を読み取る難しさがあるお話し。
受身で聞くだけでは楽しさが半減してしまう構成と、とんちの利いたお話にちょっと戸惑っている様でした。
読み終わってから少し間があり、お話を頭の中で整理している様子の子どもたち。
でもしばらくすると
「和尚がずるいこと考えとったんやから(水あめを食べられたのは)しょうがない」
「こぞうさんはうまいことやったなぁー」
と、お話の面白さのポイントをちゃんと感じているようでした。
お友達に説明までしてくれる子もいました。
難しいなりに気付いて分かる楽しさ。
絵本の中に見つけることができたようです。

絵本読んで!

絵本:きょうのおべんとうなんだろな

img128「きょうのおべんとうなんだろな」
作:きしだ えりこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店

さくら組のお友だちと一緒になんだろな?
「ぐりとぐら」でおなじみの作者お2人の絵本です。
動物たちがひろばで楽しくいっぱい遊んでお昼の時間。
持ってきたおべんとうはなんだろ?と言う場面の繰り返しが面白い絵本です。
ただ単におべんとうを見るだけではなく、それぞれの動物がちゃんと自分のお弁当を予想して「なんだろう?」と考えているところがポイント。
聞いている子どもたちも一緒に「なんだろう?」と思い浮かべて楽しめます。
そしてその予想をことごとく裏切って、お弁当の作り主であるお母さんの存在をさり気なく感じさせる、そんな風に描かれています。

さくら組の子どもたちも見事にその罠にはまっていました(^^)
「うさぎのおべんとうなにやろ~?」
「おやさいや」「ごはん」
「くまってぱんだべるんやー」
みんな口々にお弁当を言い合って楽しんでいました。

子どもたちはお弁当大好きです。
私も覚えがありますが、お母さんが作ってくれた特別な昼食ですから。
開ける前から楽しくて、開けてからも嬉しい。
お弁当の存在自体が喜びなんですね。

絵本読んで!

絵本:スイミー

img125「スイミー」
文:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社

ひまわり組のお友だちと一緒に、大きなさかなになって泳ごう!

レオ・レオニさんの定番絵本。
小さな小さなさかなのスイミーが仲間と一緒に海で生き抜くお話です。
小学校の国語の教科書に教材として取り上げられていますので、ご存知の方も多いでしょう。
私も国語の時間にこのお話を習った記憶があります。
教科書では言葉と文章が主体ですが、オリジナルの絵本はとてもカラフルな絵で海の中の生き物たちが生き生きと描かれています。
やっぱり絵本じゃないとスイミーが感じたワクワクした気持ちや、素晴らしい海の世界を感じられない!と思うのですがどうでしょう。

ひまわり組の子どもたちも面白そうな海の生き物に見入っていました。
小さくてちっぽけなスイミーとは対照的に、虹色のぐらげ、大きないせえび、様々な魚たちや海草のはやし。
生きている世界の素晴らしさ面白さを小さなスイミーが感じているのと同じくして、子どもたちも絵本を通じて感じているのだなと思いました。

絵本読んで!

絵本:ふしぎなやどや

20131030160637546_0001「ふしぎなやどや」
文:はせがわ せつこ
絵:いのうえ ようすけ
出版社:福音館書店
(中国の伝奇を再話したお話です)

すずらん組の友達と一緒に、そばまんじゅう食べてろばになれ!

長谷川摂子さんが再話した中国の古いお話です。
ある町の宿屋の女将が不思議な力で泊り客を次々に「ろば」にしてしまい、売り飛ばしてしまうちょっぴり怖いお話し。
その女将の秘密を知った若者が女将をこらしめるために策を打ち、女将をろばにしてしまいます。
そこへ現れたのは不思議な老人。お話はいったいどうなるのでしょう。

不思議な不思議な妖術・仙術が描かれていて、中国に伝わる不思議な世界観が楽しめるお話です。
とても不思議なことが次々に起こり、現実離れしているお話なんですが、それが子どもたちの敏感な感覚を刺激して興味を引き、お話の世界の入り口になっているように思います。
井上洋介さんの大胆な絵もお話の印象付けに一役買っていますね。

さて、子どもたち、女将の術を描いた場面に入るとお話をじっくりと聞き込んでいました。
怪しげな術を使う女将のことを「悪い奴や」と、悪事もちゃんと理解していました。
女将をこらしめる若者の作戦も成功し、悪いことをすればばちが当たると言う通り、子どもたちもお話の展開に納得している様子でした。
でも、最後に登場する老人が女将を逃がしてしまう(許す)場面で「あれっ!?」となった子どもたち。
老人が誰なのか。どうして女将を逃がしたのかは描かれないままお話は終わります。
子どもたちはどう思ったでしょう。
「もう悪いことせえへんかな」
そんな一言も聞こえてきました。

中国の不思議な不思議なお話しの世界観。
仙人の世界に少しふれた子どもたちでした。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり)

ひまわり組の子どもたちと一緒に、「イガイガ」を楽しみました。
連日、絵本を楽しみにしてくれている子どもたち。
読む方も子どもたちの嬉しそうな姿にとても癒されています(^^)

赤いイガイガと青いイガイガのお話し。
読み始めると、不思議なイガイガの姿に子どもたちは早速反応していました。
「イガイガってどんぐり?」
確かに、イガイガが無ければどんぐりに見えます(^^)

話が進んで、大きなイガイガが出てくると、今度は「目も鼻もないなー」とみんな不思議に思った様子。
正体不明のイガイガにみんな??という感じで見ています。

大きな木の下のたどり着いたイガイガたちは、大きなイガイガの正体を突き止めます。
火にくべると「パーン!」と破裂した大きなイガイガ。
何人かの子どもがこれが「くり」であることに気がつきました。

「これ食べたことある」「えーっと」
「おっきなどんぐり?」「くり?」

絵本のイガイガたちが食べているくりを見て、思い出したようです。

今はむき栗ばかりで、皮付きイガ付きの栗を見ることは珍しくなりました。
本物の栗を面倒でも必死に皮をむき、それを食べることって子どもにとって大切な経験のひとつ。
知らなくても困らない、ではなくて、色んなことを知っていればもっと興味を持てる。
そして、子どもたちの興味関心を引き出せれば、そこからより深い成長につなげていくことができる、ということを理解しておかなくてはなりませんね。
大人にとって効率的なことは、子どもの成長にとっては非効率だったり、時には成長のチャンスを奪っていることもあるのです。

イガイガは大きなイガイガ(くり)を食べてみんな幸せに暮らします。
子どもたちも絵本での体験を成長につなげて幸せになってほしいですね。

絵本読んで!

絵本:まゆとおに

img124「まゆとおに」
作:富安 陽子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店

ひまわり組のお友だちと一緒に、やまんばおにぎりいただきます。

富安陽子さんは子ども向けの著書を多数書かれています。
昔話や伝承に登場する不思議な者達を題材した物語も多く、降矢ななさんとのコンビでまゆシリーズを出されています。
降矢ななさんも多数の絵本で絵を描かれています。表情豊かで画面いっぱいに広がる絵、お話のイメージにマッチした絵にとても共感できます。
長谷川摂子さんと共に出された「きょだいな きょだいな」「めっきらもっきら どおんどん」は子どもたちも大好きな絵本です。

さてこの絵本は、やまんばのむすめ「まゆ」とまゆを食べようとする「おに」のやり取りを描いたお話しです。
おにはまゆをうまく言いくるめて煮て食べようとしますが、最後の最後で大失敗。
おにのたくらみなど知らぬまゆが、おにの悪事を砕いてしまう愉快なお話です。
まゆの純粋な心と加減を知らぬ馬鹿力がお話の芯となって、とっても子どもらしい姿を描き出しています。

ひまわり組の子どもたち。
おにがうまく言い訳しながらまゆに言うことを聞かせている様子に「だましとうなー」という声。
ちゃんとおにのたくらみが理解できていて、まゆが危ないことを察知している様子です。
でも、まゆが鬼のたくらみをみごとにかわすと、はーっと安堵のため息。
悪いことが起こらなくてよかった、と思ったのでしょうか、その後のお話の展開にも終始笑顔のひまわり組さん。
純粋なまゆの心に共感したのかもしれませんね。
邪な心は純真な心に勝つことはできない。
屈託のないまゆの笑顔がそれを物語っているようです。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり)

ひまわり組のお友だちと一緒に「三びきのやぎのがらがらどん」を楽しみました。
ちいさいやぎ、ちゅうくらいのやぎ、おおきなやぎがトロルを退治する分かりやすい物語。
子どもたちはこのお話がだいすきです。
それぞれのやぎの強さを橋を渡る音で表したり、変化のある言葉の繰り返しでくどくど説明しなくとも分かりやすいお話。
大胆な絵柄も迫力満点です。

さて、ひまわり組のお友だち。
恐ろしいトロルの姿に少しドキドキしながらじっとお話に集中していました。
そして、おおきいやぎのがらがらどんが登場。
力強さとたくましさを感じる堂々とした姿に子どもたちの不安も一気に解けます。
このドキドキ感が期待感に変わっていく見事な展開に子どもたちは惹きつけられるのでしょうね。
トロルをやっつけると、ハラハラしながら聞いていたRくんは「やったー!」と拍手喝采!
がらがらどんの世界に入り込んでお話を存分に楽しんだようです(^^)

読み終えて子どもたちから出た言葉。
「おばけやっつけた!」「トトル?」「木のおばけ!」
やっぱり怖いものが記憶に残るのかな?(^^)

盛り上げ方、お話への引き込み方が本当に見事な絵本。
そんな絵本が、子どもたちは大好きなんですね。

絵本読んで!

絵本:しちどぎつね

book「しちどぎつね」
作:たじま ゆきひこ
出版社:くもん出版

すずらん組のお友だちと一緒に、おいせまいりに行きましょか!

「じごくのそうべえ」と同じく、上方落語を題材にした面白おかしい絵本です。
きろくとせいはちの珍道中。おいせまいりの旅の途中、七度狐だまされる様を可笑しく描いたお話です。
たじまゆきひこさんのお話を盛り上げる場面描写も逸品です。
元は落語だけあって、他の絵本にはないお話の面白さ、前振りや落しどころがありますが、子どもたちに通用するのかどうかちょっと試して読んでみました。

お話が始まって最初にきつねにだまされる場面にさしかかると、さっそく数名が笑い出しました。
お話も会話が中心、言葉も落語のそれのままなので、話のやり取りの場面をイメージしながらでないと理解が難しいにもかかわらず「このお話は面白いんだ」と感じ取ったようです。
そして、話が進んで場面は怖い山寺でのお話。
少しおどろおどろしい描写も手伝って、ちょっと怖がっている子もちらほら。
子どもたちの強い緊張が伝わってきます。
怖い怖いお話が続くと思いきや、だまされているきろくとせいはちの姿にサッと展開すると、子どもたちからスッと力の抜けたようなホッとしたため息が聞こえます。
そして、あははと言う笑いと共に、
「まただまされてる!」
と言う声。
きつねにだまされる二人の旅人の可笑しさに気付いて、笑い声が増えてきます。
最後の落ちでも、ニヤッと笑って嬉しそうなRくん。
「しっぽちゃうやん!だいこんや!」
「だまされてばっかりや!」
と、見事に落語の笑いにはめられたようです。

中には理解に難しい子もいましたが、分かった子の話を聞いたり、発言を聞いていくうちにお話を理解していくことでしょう。

この絵本を読むのに20分ほどかかるのですが、子どもたちは飽きることなくお話の世界を感じ取ろうと一生懸命に聞いていました。
子どもたちがこんなに必死になって聞き入る絵本の世界。
面白く不思議ですね。

絵本読んで!

絵本:こんぶのぶーさん

img123「こんぶのぶーさん」
作:岡田 よしたか
出版社:ブロンズ新社

ひまわり組のお友だちと一緒に、「なにゆーてんねーん!」

岡田よしたかさんの関西弁絵本シリーズの1冊。
今回は「こんぶ」が主人公です。しかも、こんぶの漫才師と言う設定。
関西弁のお笑いノリで子どもたちの笑いを誘います。
子どもたちにとって、漫才師とか、お笑いとか、どういうものかよく分からないはずですが、お話の流れの中で面白さを敏感に感じ取っていました。
相方のオーディションにいろんな食べ物が登場しますが、どうにもこうにもぶーさんと息が合いません。その面白さに笑いがもれます。
最後には同じこんぶのこんさんと漫才をしますが、息がぴったりあった漫才に子どもたちも大笑い。
ちゃんと違いが分かっているんですね。

岡田よしたかさんの3部作、ひまわり組のお友だちはとっても楽しめたようです。

絵本読んで!

絵本:おーくんおんぶ

img122「おーくんおんぶ」
作:かたやま けん
出版社:福音館書店

りんご組さんと一緒に、おんぶ!

かたやまけんさんの、小さい子どもの姿を描いた絵本です。
未満児さんの色んな遊び方。
最初は小さなおもちゃから始まり、身近な人のまねっこ、ごっこ遊びへと発展していきます。
中でもお母さんのまねっこはどの子も何かしら経験するものではないでしょうか。
おままごとがその典型ですね。
この絵本の題材になっている「おんぶ」もそのひとつでしょう。
おーくんが色々なぬいぐるみをおんぶして楽しむお話。
読んでいくと、子どもたちはたくさんのぬいぐるみをおんぶして楽しんでいるおーくんの姿をじっと見つめていました。

何かをおんぶすることは、ふれあっていると言うこと。
そのうち、絵本の中のおーくんとおんぶを思い出し、あるいはお母さんのあたたかなおんぶを思い出し、おんぶ遊びが始まるのでしょうね。
そうやって、ふれあいやぬくもりを自分のものにしていくこと、それはきっと子どもたちの大切な成長につながるでしょう。

紹介した絵本これまで紹介した絵本
本文中に使用している絵本画像は出版者様の許可を得て掲載しています。転載や二次使用は固くお断りします。