あたらしい園舎‘あたらしい園舎’ の一覧

あたらしい園舎

広英保育園整備事業完了

平成21年3月16日をもって、計画通り、広英保育園の整備事業が全て完了いたしました。

工期中、ケガや事故も無く、子どもたちが過ごせたことを嬉しく思います。

genba現場事務所も撤去され、少し寂しい気もしますが、関係各所の皆様に心よりお礼申し上げます。

あたらしい園舎

ドキドキの新園舎

引っ越しも無事完了し、月曜日から新しい環境での保育が始まりました。

引っ越しの際、お手伝い頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
子どもたちのためにお力添え頂いた事、心より感謝申し上げます。

また、慣れない環境で何かとご不便をお掛けするかと思いますが、どうか、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

room1さて、子どもたちはと言うと、、、、、
新しい園舎に大喜び!!の子もいれば、ちょっぴり慣れないなぁ~と言う子どもも。
それでも、お友達と一緒に、先生と一緒に、新しいお部屋での生活を楽しんでいるようです。

room2

あたらしい園舎

あと一週間

meiban昨日は工事関係者の定例会議でした。
建物の完成まで、もうあとわずか。
工事現場も毎日めまぐるしく変わっていきます。

昨日は園名板が取り付けられました。
名前が付くと、これが広英保育園なんだと言う気持ちになります(^^)

kyushoku厨房機器の設置も完了し、新しい給食室が完成しました。
ピッカピカの調理台やコンロ、食器洗浄機。
毎日の給食が作られる、みんなの台所です。

そのほか、少しだけ園舎内の様子をご覧下さい。

kaidan kaidanbooth

階段と屋上に続く階段ホールです。
園舎内は全て落ち着いた木調と白いクロスに統一されています。

roomplate toilet

室名札も木調です。トイレの窓も広く、明るい室内です。

あたらしい園舎

お部屋の姿

2fほぼ全ての床も張り終わり、お部屋の姿が見え始めました。
2階のお部屋の仕切りを開放すると広々(^^)
電気も通じて明かりもつくようになりました。
今日はトイレも出来上がっていました。
昼間は外構工事、夜は内装工事という具合に進んでいます。
yoru

最後の仕上げと、夜遅くまで灯りがついています。

あたらしい園舎

急ピッチで進む工事

建物の完成まで2週間ほどとなりました。
最近では夜間も内装工事が行なわれていたりして、急ピッチで工事が進んでいます。

dsc04374 dsc04372

保育室内は照明器具も取り付けられ、壁紙クロスも張られて、残すは床材のみとなっています。だいぶ、部屋らしくなりました。
あと、階段もまだ作りこまれていませんし、水周りもまだです。
外構工事と平行して進んでいるので、変化が楽しみです。