みちくさスケッチ‘みちくさスケッチ’ の一覧

みちくさスケッチ

ほし-宿泊保育 4

 

2日目が始まりました。

子どもたちは元気に起きて、朝食中です。

あいにくの天候ですが、これから最後の活動を始めます。

 

みちくさスケッチ

ほし-宿泊保育 3

 

夜の観望は雨天のためできませんでしたが、ほしの勉強会を楽しみました。

一日目の最後は、ルミカライトと手作り星のプラネタリウムで「ほしぞら」に思いをはせ、みんなで部屋いっぱいに星を瞬かせました。

子どもたちは今日一日でたくさんの冒険をしました。
すべて自分ですることの意味は、これから子どもたちが自立して生きていくことの基礎になるところ。
褒めることは大切ですが、それは、甘やかすことではありません。
自分で考え、自分で判断し、自分で行動することができて、はじめて褒められる人になり得るのですから。

親が子どもから離れないと、子どもは自分でしようとはしません。
大人のふるまい一つで、子どもは大きく変わることができるのだと思います。

 

みちくさスケッチ

ほし-宿泊保育 2

 

雨天につき、屋内でレクリエーション。

これからカレー作りの仕上げです!

 

みちくさスケッチ

ほし-宿泊保育

西はりま天文台到着!

今からお弁当を食べます!

いただきまーす!

 

みちくさスケッチ

七夕ウィーク

今日から3日間、七夕ウィークとしてオープン保育を行います。
新しい生活様式に配慮いただきながら、子どもたちの日常を観ていただきます。丁度、七夕の季節ということで、季節行事の活動を一緒に楽しみます。

前日、子どもたちが作った笹飾りをお家の方とつけていただき、期間中は園庭や園舎に飾っています。
お部屋には七夕提灯も下げて、七夕のお話をみんなで聞きました。
クラスカラーのくす玉は、仙台七夕まつりをイメージして飾っています。

織姫さまと彦星さまが、天の川で出会う日までもう少し。
子どもたちの中の七夕を楽しんでいます。