‘さくら組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:ちいさな ねこ

img140「ちいさな ねこ」
作;石井 桃子
絵:横内 襄
出版社:福音館書店

今日は3歳のクラスと2歳のさくら組さんでこの本を読んでみて、子どもたちの反応の違いを見てみました。

この本は、ちいさなこねこがお家から飛び出して、外の世界へ冒険に出かけるお話です。
途中、いろんな危険に出くわし、それらを避けながらハラハラドキドキの旅を経験していきます。
横内さんの実写に見まごう素晴らしい描写の絵が、よりリアルにねこの表情や動きを描き、命あるものを写し取っていています。
また、単純ながらもちゃんとしたストーリーのあるお話も、より深い絵本と物語の世界に入り込む入り口としてお薦めできます。

さて、まずは3歳児さん。
たんぽぽ組とひまわり組でそれぞれ読みました。
子どもたちは飾り気のないリアルなこねこの姿に見入っていました。
自動車にひかれそうになると、「あぶないで!」「ぶつかる!」と、思わず声が出ます。
助かったこねこの姿にほっと一安心。
絵本を見つめる表情にその安堵感が見て取れました。
表面的な絵の説明ではなく、ちゃんとお話の場面を理解して、危ない、怖い気持ちが自分のなかで沸き起こる。子どもたちの心の成長が感じられます。
犬に追い立てられ、母親ねこが助けに来てくれたときは、きっと自分たちが困った時に助けてくれるお母さんのことを思い出したことでしょう。
自分たちが一番安心していられるの場所はどこなのか?子どもたちは本当によく知っています。

私が一番感心したのは、母親ねこがこねこを口にくわえてお家に帰る場面。それを見た子どもたちが、
「カプって噛んだら痛いやん」という感想があるなかで、
「ねこさん、だっこしとうな」と言うとても素敵な声が。
口にくわえているのはお母さんの「だっこ」だ。
誰に教えてもらったわけでもなく、絵本の中で母親の優しさに触れた子どもの素直な思いなのでしょうね。

続いて、さくら組さん。
絵本を読むのが久しぶりだったのですが、子どもたちは読んでもらえるのがうれしくて、みんなちゃんと座ってワクワクした気持ちを一身に向けてくれました。
本当にかしこく座っているんですよ。
お話の中のいろいろなものを声に出しながら、こねこの冒険を応援してくれるさくら組さん。
自動車に飛び出したこねこの場面がちょっぴり怖かったのか、そっと先生のそばに移動する子もいました。
「じどうしゃ、あぶない!」「とびだしたらあかんで!」
ちゃんとお話を理解して、危険を感じているんですね。
母親ねこが現れた時も、「よかったな~」「おうちどこなか~?」と本当にしみじみと言葉にしていました。
保育園で生活をする子どもたちもこねこと同じ。
毎日が少しの冒険で、不安になることもあるけれど、助けてくれるお友だちと先生に囲まれてゆっくりと成長していきます。
そして、お母さんの元に帰る安堵感と愛情をいっぱい感じることでしょう。
こねこのように、力強く成長していってほしいですね。

絵本読んで!

絵本:こぐまちゃんのうんてんしゅ

img131「こぐまちゃんのうんてんしゅ」
作:わかやま けん
出版社:こぐま社

さくら組のお友だちと一緒に、ばすがはっしゃしまーす。

いつも、クラスの先生から読み聞かせをお願いされると、1時間くらいかけてどの絵本を読もうかな?と考えます。
「この絵本を読もう」と思っていたのですが、こんなに有名な絵本なのに保育園には置いていませんでした。
早速、シリーズで取り寄せて、今日、読むことができました。

こぐまちゃんがバスのうんてんしゅさんになってお人形たちと一緒にドライブにでかけます。
こぐまちゃんシリーズのお話はとても生活に密着しています。
生活の絵本という表現が正しいかどうかは分かりませんが、日常に起こるだろうことをこぐまちゃんと一緒に子どもたちも体験していくような形式です。
「こぐまちゃんおはよう」などは本当に日常の生活のお話ですね。
「こぐまちゃんのうんてんしゅ」は、運転することを通じでこぐまちゃんの感じている楽しいごっこ遊びの世界を子どもたちも共有して楽しめます。

バスに乗るシーンから、子どもたちもすっかり乗った気分。
びゅーんとスピード上げたり、渋滞につかまったり、他の自動車の様子を見たり。こぐまちゃんと一緒に楽しんでいる様子。
ゆうえんちに到着しても降りない乗客もいたりして、子どもたちのもっと乗っていたい気持ちを代弁しているようです。
事故が起きると「あーあー」と残念なつぶやきをもらしていました。

子どもたちの日常の遊びの中で自分なりのイメージを広げ演じて楽しむごっこ遊び。
こぐまちゃんのごっこ遊びにさくら組の子どもたちもイメージを膨らませていました。

絵本読んで!

絵本:どんどこどん

img129「どんどこどん」
作:和歌山 静子
出版社:福音館書店

さくら組のお友だちと一緒に、どんどこどん!
つちのなかでぐんぐん育つ色んな野菜が「どんどこ、どんどこ」次々に現れる楽しい絵本です。
小さな芽から始まって、つちのうえに顔を出した葉っぱが登場します。そして、次のページで野菜の様子が描かれるというシンプルな構成。
しかし、野菜ごとに違っている葉っぱの細かい描写や、ちらっと見える野菜の姿がとても印象的に描かれています。その絵に「どんどこ、どんどこ」と言う繰り返しの言葉が合わさると、子どもたちはこの後登場するだろう野菜に期待せずにはいられません。
とてもシンプルですが、子どもたちの期待感を引き出す絶妙な演出がひかります。

さくら組の子どもたちも見事にこの絵本に引き込まれていました。
「どんどこ、どんどこ」と一緒に言葉を口にして、次の野菜はなんだろう?
「おいもほったなー」「ごぼうやー!」と出てきた野菜に目を輝かせていました。
保育園の畑で掘ったさつまいもやだいこんも出てくるので、子どもたちはより身近にこの絵本を感じ取ったようです。
生活の中でのできごとと、絵本の中のできごとを繰り返し思い出し、感じながら自分のものにしていくのでしょうね。

絵本読んで!

絵本:きょうのおべんとうなんだろな

img128「きょうのおべんとうなんだろな」
作:きしだ えりこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店

さくら組のお友だちと一緒になんだろな?
「ぐりとぐら」でおなじみの作者お2人の絵本です。
動物たちがひろばで楽しくいっぱい遊んでお昼の時間。
持ってきたおべんとうはなんだろ?と言う場面の繰り返しが面白い絵本です。
ただ単におべんとうを見るだけではなく、それぞれの動物がちゃんと自分のお弁当を予想して「なんだろう?」と考えているところがポイント。
聞いている子どもたちも一緒に「なんだろう?」と思い浮かべて楽しめます。
そしてその予想をことごとく裏切って、お弁当の作り主であるお母さんの存在をさり気なく感じさせる、そんな風に描かれています。

さくら組の子どもたちも見事にその罠にはまっていました(^^)
「うさぎのおべんとうなにやろ~?」
「おやさいや」「ごはん」
「くまってぱんだべるんやー」
みんな口々にお弁当を言い合って楽しんでいました。

子どもたちはお弁当大好きです。
私も覚えがありますが、お母さんが作ってくれた特別な昼食ですから。
開ける前から楽しくて、開けてからも嬉しい。
お弁当の存在自体が喜びなんですね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら、たんぽぽ)

さくら組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を楽しみました。
すっかり読み聞かせの定番になっているこの絵本。
さくら組の子どもたちは初めてみる絵本です。
2歳児になるとこのくらいストーリーがある絵本でもしっかり集中して楽しむことができます。
さて、子どもたち。
西村敏雄さんの絵に魅了され、食い入るように絵本に見入っていました。
お話が進むにしたがって、登場する動物たちの名前を呼んだり、絵の様子を口に出したりお話の世界をじっくり観察しています。
そして、やはり何も言わずともはじまる「ごしごししゅっしゅ」のかけ声(^^)
絵本の中での出来事に自分も一緒になって声を出してみる姿。
そのままを受け止めて、自分なりに表現してみようとする気持ちがあふれています。
やっぱり、子どもたちは絵本が大好きなんだなと思います。

お次は、たんぽぽ組さん。
ちょっと長いお話ですが「ジオジオのかんむり」を楽しみました。
ライオンの王様ジオジオと小さな「はいいろのとり」のお話です。
物語を理解していく入り口の絵本として選んでみました。
最初は寂しそうなジオジオの姿に子どもたちも少し心配そうに見ています。はいいろのとりとの出会い、そして面白い提案。
かんむりにとりをのせて森を歩くジオジオの誇らしい姿に子どもたちも安心していました。
力を持つものと、持たないものの不思議な関係の面白さ。
終始、優しさにあふれたお話。
何度も読み聞かせるうちに子どもたちはきっと気付いていくでしょう。