‘さくら組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:がちゃがちゃ どんどん

img096「がちゃがちゃ どんどん」
作:元永 定正
出版社:福音館書店

さくら組のお友だちと一緒に、どん!どん!

元永定正さんのオノマトペ絵本です。
元永さんと言うと、不思議な図柄、独特の画風でよく知られています。
不思議な不思議な、記号のような、でも生きているとも取れるシンプルな図案の面白さ。
絵本としても「もけらもけら」(作:山下洋輔、絵:元永定正、福音館書店)や「ころころころ」(作:元永定正、福音館書店)など作品を描かれています。
「がちゃがちゃ どんどん」は絵として表現されたオノマトペの世界。
そこで何かが起きているようなイメージを広げる面白い絵本です。

さて、さくら組のお友だち。
「がちゃがちゃ」「ぽんぽん」「ざあー」「ごーん」
色んな音が形と色を持って表されているのをみて面白く思ったようです。
最初は黙って聞いていた子どもたちも、すぐに出てくる言葉を一緒になって「ぱんぱん!」「ぶわぁ!!」と楽しそうに声に出して繰り返していました。
音を表現する絵、絵からイメージされる音。
そんな不思議で面白い「がちゃがちゃ どんどん」の世界を目から、耳から感じ取ったようです。

ところで、元永さんの手がける作品のようなオノマトペ絵本はどうもみんなの前で読むのが難しいイメージがあります。
絵本と言っても書いてある文は擬音語が主体でお話を語るものではありません。
読み「聞かせる」と言う考えで読むと、読み方でつまずいてしまうのです。
私もこのような絵本を読むときは「聞かせる」ことは潔くあきらめて、言葉と絵を楽しんで読むようにしています。
自分なりの表現で1ページを読んでみて子どもの反応を見てみる。次のページも同じように。
子どもと私の間で楽しいポイントを探っていくような感じでしょうか。
手を振りを使ったり、声のトーンを固くしたり柔らかくしたり、表情も付け加えたりします。
そのうちに、子どもたちは自分でイメージを広げはじめ、自分なりのオノマトペを語りだします。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら)

今日は「ぞうくんのさんぽ」を楽しみました。
お話のはじまる前から扉絵を見て「かばさん!」「わにさんや!」と大騒ぎのさくら組さん。

前回の「たんたんぼうや」もそうですが、短いストーリーと繰り返しの展開がこの年齢の子どもたちは大好き。
理解しやすいこともあるのでしょうね。
私が読み出す前に「さんぽだよ」ってセリフを言ってみたり、「おもいなぁ」ってぞうくんの気持ちを言い表したり、びっくりしました!
ちゃんとお話を理解しているのです。

絵本を読んでもらいながら、自分も読んでいる気分。
お話の世界に入り込む準備が段々と整ってきているようですね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら)

去年りんご組だったお友達が今年はさくら組!
すごい成長です(^^)
新しく入ったお友達も、さくら組に少しずつ慣れて行きますように。

さて、今日の絵本は「たんたんぼうや」です。
この絵本、ほんと子どもたちのお気に入り。
繰り返しとリズム良い言葉がとても楽しい絵本です。
きゃっきゃとおさるのまね。
ぴょんと飛び跳ねるうさぎ。
おおあくびのライオン。
最後はごろりんと寝転がってみんなでお昼寝。
どの場面も楽しくて、絵本に出てくる動物たちのまねっこ遊びに発展させても面白いでしょう。
さくら組のお友達も面白いお話にニッコニコ。
おしゃべりが楽しくなってきた子どもは言葉で追って楽しむ様子も見られました。

絵本読んで!

絵本:はらぺこあおむし

「はらぺこあおむし」
作:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社

さくら組のお友達と一緒にお腹がぺっこぺこ!

年間を通じて色々な絵本を紹介してきましたが、定番といわれる本はまだまだたくさんあります。
この絵本もその一つ。定番中の定番。
今まで読まなかったのが不思議なくらい!?ようやく登場です。
今日は購入したてのピッカピカの絵本で楽しみました。

ちっぽけなあおむしが色んなものを食べて大きくなる姿を描いた絵本です。
途中、食べ過ぎて困ってしまいますが、とってもおいしいはっぱでスクスクと成長するあおむしさん。
健康に育つ様子は子どもたちの姿そのまんまです。
エリック・カールさんの絵本ってとっても鮮やかで素敵ですよね。
色の濃淡、グラデーションが優しくて絵柄もはっきりしていて。子どもたちも鮮やかな色使いの絵に釘付けでした。

さくら組のお友達もあおむしさんの成長に見入っていました。
チョコレートケーキ♪アイスクリーム♪ピクルス、チーズ♪サラミ~♪
と、食べたものを順番に歌うと、子どもたちもなんだかウキウキしてきた様子。
大きくなったあおむしさんに共感したのか、ちょうちょうになった場面では笑みがこぼれてとっても幸せそうでした。
絵本を読み聞かせていて、一番嬉しい瞬間ですね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら)

さくら組のお友達と一緒に「もりのおふろ」を楽しみました。
簡単なストーリーがあって、2才児さんでも十分楽しめる絵本です。
以前、たんぽぽ組さんとひまわり組さんでも読んだことがあります。
そのときとは違う反応をするかな?と、期待しながら読み始めました。

子どもたちは次々登場する動物たちに期待しながら絵本にジッと集中していました。
この絵本は、動物たちの姿も面白いのですが、それよりももっと子どもたちが自然に絵本を楽しむ不思議な力を持っています。
動物たちがせなかの洗いっこをするときの描写がとても面白く、子どもたちには印象強いのでしょう。
「ごしごし しゅっしゅ」と言う言葉をたいそう気に入ります。
さくら組さんは初めて見る絵本なのですが、見事にこの描写に捕らえられました。
私が何も言わないのにいつの間にか、みんな自然に「ごしごし しゅっしゅ」と声が出ます。
らいおんさんも、ぞうさんも、うさぎさんも。
みんな「ごしごし しゅっしゅ」と一緒に声を出して読んでくれます。
実は、たんぽぽ組さんやひまわり組さんでも同じでした。
いつの間にかみんなで「ごしごし しゅっしゅ」と、絵本の中で楽しむ姿。
絵本を楽しむ力、その子どもたちの姿を見事に引き出す絵本です。
あっぱれ!