‘すずらん組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:たいせつなこと

img136「たいせつなこと」
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイスガード
訳:うちだ ややこ
出版社:フレーベル館

4、5歳のお友だちと一緒に、たいせつなことを考えました。

ずっと前から、年度の最後に読もうと決めていた絵本です。
マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの美しい詩のような文章で綴られる、たいせつなことのお話です。
身の回りにあるものや自然、様々な現象について、そのものが持つ姿や動きが優しい言葉で語られて行きます。
その語り口によって一つひとつが身近に感じられて、また、描かれているシンプルな絵も相まって、イメージが広がっていきます。
そして、それぞれの「たいせつなこと」について短い一言で締めくくります。
例えば、雨にとって大切なのは「うるおす」ということ。
1ページに1つ、そういった「たいせつなこと」が語られています。

さて、4、5歳の子どもたち。
この絵本は、詩のような美しい文章が、聞き手のイメージを引き出すようになっていますので、読み方もゆっくりと、かみしめながら読んでいきます。
子どもたちはお話を静かに聞きながら、どんどんイメージを広げている様子です。
一つひとつについて「たいせつなこと」を聞きながら「そうか、なるほど」と思う子もいれば「ほかにもあるよ」と思う子もいるようでした。

この美しい詩の中で、マーガレットさんの意図したことは何でしょうか。
私の想像ですが、それは子どもたちがあらゆることについて見る目を持ち、自由に思いを巡らせ、その中からその子が「たいせつなこと」を自分で見つけること。それが「たいせつなこと」なのだと言うこと。そうではないだろうか思うのです。
ですから、詩の中に出てくる様々なものについての「たいせつなこと」が聞き手によって違和感があってもよいのです。
その時はまた、自分にとって「たいせつなこと」を見つければいいのですから。

読み終えて、子どもたちから色々な言葉が出てきました。
「園長先生ってどんなん?大切なことは何やろう?」
と聞くと、
「めがねをかけてること!」「こっそり見てくれてる」「絵本読んでくれる」と、私のイメージを口々に教えてくれました。

『園長先生は、いつもめがねをかけていて、そのおめめでキョロキョロみんなを見ていて、お部屋に来ると絵本を読んでくれる。
でも、園長先生にとってたいせつなのは??』
「ほいくえんにおることや」
だって(^^)

「じゃあ、おかあさんにとって大切なことは何やろう?」と聞くと。
「美味しいご飯作ってくれる!」「病気になったら一緒にいてくれる!」「がんばって働いとう!」「こら!ゆーて怒るけど優しい!」「ぎゅってしてくれる!」
子どもたちの口から、言葉が止まりませんでした。

絵本読んで!

絵本:かちかちやま

img135「かちかちやま」
日本の民話
再話:おざわ としお
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店

すずらん組のお友だちと一緒に、このあたりはかちかちやまさ。

おなじみの日本の民話です。
じいさまとばあさまに悪さをする山のたぬき。
ばあさまをだまして殺してしまい、じいさまを悲しませます。
それを聞いた山のうさぎは悪だぬきを懲らしめる策を繰り広げます。
実にひょうひょうとした姿で描かれるうさぎの姿ですが、その懲らしめ方は容赦なし。火をつけ、唐辛子を塗り、泥舟で沈めてしまうのですから。現実ならばびっくりしてしまいます。
そんな昔話ならではの残酷さはありますが、悪いことをすれば巡り巡ってひどい目に合うのだということを伝えてきた日本の物語の一つの表現方法ともいえます。

さて、子どもたちもこのたぬきの悪さに「悪いやつや」と怒っていました。
そしてもちろん、うさぎの仕返しにだまされるたぬきへの同情はありません。
物語の善し悪しを語るより前に、お話を見て聞いて、直感的に感じることへの素直な反応が大切です。
悪いことだということは、そんなことはしてはいけないのだということ。
だから、たぬきの悪事をまねしようと思う子は一人もいません。
だって、そこには喜びは描かれていないのですから。

絵本読んで!

絵本:すてきな三にんぐみ

img133「すてきな三にんぐみ」
作:トミー・アンゲラー
訳:いまえ よしとも
出版社:偕成社

すずらん組のお友だちと一緒に、あかいぼうしにあかまんと。

トミー・アンゲラーさんの素敵なお話の絵本です。
泣く子も黙るこわーい三人組の強盗がひょんなことから可愛らしい女の子と暮らすことになります。そして、いつの間にか女の子の描く素敵な世界(社会)を作り上げることに生涯をささげていくお話です。
なぜかこのお話は子どもたちも大好きです。

すずらん組の子どもたち、読み始めると怖い三人組の様子にちょっとびっくり。
怖い話なんじゃない?という空気が流れます。
何せ三人組の悪事を全体の半分のページを使って描いているのですから、子どもたちも勘違いするでしょう。
このままじゃ女の子は大変な目にあってしまうんじゃ?と思った子もいるようでした。
ところが、終盤にかけてまったく真逆の展開に、子どもたちの緊張もすぐにほぐれていきました。
お揃いのあかぼうしにあかまんとの子どもたち。苦しんだり悲しんだりしていない様子を見て安心したのでしょう。
それと同時にわいてきた疑問。
三人組は善い人?悪い人?
「三人組って悪い人やんな?」
「でも、みんな助けとったで」
「最初は怖いで」
「悪者やったけど、良くなったんや」
「みんな仲良くなったもんな」
子どもたちの素直な感想がこの絵本への思いを表しているように思います。

子どもたちが、優しく安心して過ごせるのはなぜでしょう。
おれはきっと世の中の根っこは、悪い人ではなく、多くの善良な人の心によって支えられているから。
それは、この三人組であったり、お父さんやお母さんであったりするかもしれませんね。

絵本読んで!

絵本:ふくろうのそめや

img132

「ふくろうのそめや」
日本の昔話
文・絵:奥山 多恵子
出版社:福音館書店

すずらん組のお友達と一緒に羽を綺麗に染めましょう。

昔、森に住む染物屋のふくろうの所に鳥たちがやってきて、羽をそれぞれの模様に美しく染めてもらうお話です。
カラスの羽がなぜ真っ黒か?そのいわれがお話になっています。
私が子どものころに聞いたお話を思い出して、絵本を探してみたのですが、当時の絵本はすでに廃版となっていて、違う作家さんのもと新しい絵本として出版されていました。
モノクロの場面と色鮮やかなカラーの場面を織り交ぜ、鳥たちの美しい羽がカラフルに描かれていて、見る側に羽の模様をうまく印象付けています。

すずらん組の子どもたちもお話の展開をじっと聞きながら、鳥の羽の模様をあらためてじっくり見ているようでした。
河原で見かけるかもの模様や、すずめの羽の色、子どもたちはちゃんと見ているんですね。見たことのある模様に声もあがっていました。
さて、いよいよカラスの番になりました。
真っ白なカラスに「あれ??」となっていた子どもたちですが、お話が進むと、、なるほど、だからカラスは真っ黒なんだ、と納得している様子でした。
「カラス、わがままやもんな」
と、一言。
ふくろうも災難だったなぁ、と同情していました。
子どもたちも、もうすっかりお話の面白さが理解できるようになっています。

絵本読んで!

絵本:ぶすのつぼ

img127「ぶすのつぼ」
日本の昔話
再話:日野 十成
絵:本間 利依
出版社:福音館書店

すずらん組のお友だちと一緒に、あおげあおげ、あおぐぞあおぐぞ。
美味しい水あめを独り占めしようとする和尚さんとそれを全部食べてしまった小僧さんの面白い知恵比べのお話です。
「これは毒だから食べるなよ」と言われた怪しいつぼ。
それを水あめと見破った小僧さんは、和尚さんの留守の間につぼの中身を全部食べてしまいます。
さあ、和尚さんに見つかったら叱られます。大変!
でも悪知恵のはたらく小僧さんはとてもうまい言い訳を考えます。

このお話は狂言「附子」で有名なお話です。
私が小学校のころ、国語の教科書に載っていたのを覚えています。
「あおげあおげ」「あおぐぞあおぐぞ」「そおれ!」
小僧さんがぶすのつぼを取り出し、ふたを開け、食べてみる場面での狂言としての表現がとてもユーモアで今でも記憶に残っています。
この絵本でもその場面の表現が再現されています。
本間利依さんの昔風の味のある版画もとても素敵で、落ち着いた調子で描かれた世界は表情も面白く、お話と一体となって場面を描いています。

さて、すずらん組のお友だち。
最初から最後まで、お話をじっと聞き入っていました。
この絵本は普段よく読む物語的なお話とは少し違い、和尚のたくらみを知った上で小僧の悪知恵を読み取る難しさがあるお話し。
受身で聞くだけでは楽しさが半減してしまう構成と、とんちの利いたお話にちょっと戸惑っている様でした。
読み終わってから少し間があり、お話を頭の中で整理している様子の子どもたち。
でもしばらくすると
「和尚がずるいこと考えとったんやから(水あめを食べられたのは)しょうがない」
「こぞうさんはうまいことやったなぁー」
と、お話の面白さのポイントをちゃんと感じているようでした。
お友達に説明までしてくれる子もいました。
難しいなりに気付いて分かる楽しさ。
絵本の中に見つけることができたようです。