‘たんぽぽ組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:ちいさな ねこ

img140「ちいさな ねこ」
作;石井 桃子
絵:横内 襄
出版社:福音館書店

今日は3歳のクラスと2歳のさくら組さんでこの本を読んでみて、子どもたちの反応の違いを見てみました。

この本は、ちいさなこねこがお家から飛び出して、外の世界へ冒険に出かけるお話です。
途中、いろんな危険に出くわし、それらを避けながらハラハラドキドキの旅を経験していきます。
横内さんの実写に見まごう素晴らしい描写の絵が、よりリアルにねこの表情や動きを描き、命あるものを写し取っていています。
また、単純ながらもちゃんとしたストーリーのあるお話も、より深い絵本と物語の世界に入り込む入り口としてお薦めできます。

さて、まずは3歳児さん。
たんぽぽ組とひまわり組でそれぞれ読みました。
子どもたちは飾り気のないリアルなこねこの姿に見入っていました。
自動車にひかれそうになると、「あぶないで!」「ぶつかる!」と、思わず声が出ます。
助かったこねこの姿にほっと一安心。
絵本を見つめる表情にその安堵感が見て取れました。
表面的な絵の説明ではなく、ちゃんとお話の場面を理解して、危ない、怖い気持ちが自分のなかで沸き起こる。子どもたちの心の成長が感じられます。
犬に追い立てられ、母親ねこが助けに来てくれたときは、きっと自分たちが困った時に助けてくれるお母さんのことを思い出したことでしょう。
自分たちが一番安心していられるの場所はどこなのか?子どもたちは本当によく知っています。

私が一番感心したのは、母親ねこがこねこを口にくわえてお家に帰る場面。それを見た子どもたちが、
「カプって噛んだら痛いやん」という感想があるなかで、
「ねこさん、だっこしとうな」と言うとても素敵な声が。
口にくわえているのはお母さんの「だっこ」だ。
誰に教えてもらったわけでもなく、絵本の中で母親の優しさに触れた子どもの素直な思いなのでしょうね。

続いて、さくら組さん。
絵本を読むのが久しぶりだったのですが、子どもたちは読んでもらえるのがうれしくて、みんなちゃんと座ってワクワクした気持ちを一身に向けてくれました。
本当にかしこく座っているんですよ。
お話の中のいろいろなものを声に出しながら、こねこの冒険を応援してくれるさくら組さん。
自動車に飛び出したこねこの場面がちょっぴり怖かったのか、そっと先生のそばに移動する子もいました。
「じどうしゃ、あぶない!」「とびだしたらあかんで!」
ちゃんとお話を理解して、危険を感じているんですね。
母親ねこが現れた時も、「よかったな~」「おうちどこなか~?」と本当にしみじみと言葉にしていました。
保育園で生活をする子どもたちもこねこと同じ。
毎日が少しの冒険で、不安になることもあるけれど、助けてくれるお友だちと先生に囲まれてゆっくりと成長していきます。
そして、お母さんの元に帰る安堵感と愛情をいっぱい感じることでしょう。
こねこのように、力強く成長していってほしいですね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ、ひまわり)

今年度も読み聞かせを通じて、子どもたちとに一緒に絵本の世界を楽しんでいこうと思います。
今日は、たんぽぽ組、ひまわり組の子どもたち。
3歳前後の子どもたちが大好きな「きょだいなきょだいな」を読みました。
3歳児クラスの子どもたち新入園児のお友だちが多く、保育園での読み聞かせに興味津々で聞いてくれます。
この頃の子どもたちは色々なものごとが理解できるようになってきて、自分なりの認識が発達してくる時期です。
絵本の楽しい世界観に浸りながら、ユニークな発想でその世界を広げることが面白いと感じるようになり、それを言葉で表現して他者と共有しようとしたりします。
そして他者との対話の中から新たな発想を得て、自分の世界観をより深く理解していくことでしょう。
まさに悦びが子どもを成長させているのですね。

さて、絵本を読んでの子どもたちの姿です。
「あったとさ、あったとさ」
くり返されるリズム感のある文章は、子どもたちをゆるやかに絵本の中へ誘います。
ありえない面白いきょだいなものが次々に登場するのですが、そのたびに子どもたちはわくわくした気持ちで見入っています。
絵本の中ではそのきょだいなものと子どもが楽しく関わる姿が描かれているのですが、その姿を自分たちに投影して楽しんでいるのでしょうか。

子どもたちが一番気に入ったのは「きょだいなあわたてき」
「お空ぐるぐるしたらカミナリさんがおっこちてくるで!」
面白い発想ですね。
「きょだいなトイレットペーパー」では、
「トイレットペーパーの上で寝れるやん!」
きょだいな何かの楽しみ方。
子どもたちはいろいろ考えながら楽しんだようです。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ)

たんぽぽ組のお友だちと一緒に、どっぷんとっぷん「トマトさん」を楽しみました。
もう夏も終わりです。今年は夏野菜をたくさん収穫した子どもたち。
お野菜のことに関心を持って取り組めた夏でした。
夏野菜のお話といえばこの絵本。「トマトさん」のお話をじっくりと聞き込んでいました。

もう、何度も何度も読み聞かせてもらって、お話の内容もよーく知っている絵本なのに、子どもたちは全く飽きた様子はありません。
お話の内容もさておき、お話が盛り上がる過程をも楽しんでいる感じです。
子どもたちはトマトさんが川の中へ飛び込んでいくシーンが大好き。
どっぷーん!と喜びにあふれているトマトさんの顔を見ると、子どもたちまで「わぁ!」と表情が明るくなります。
トマトさんの幸せそうな顔にみんなも嬉しくなる。そこに魅力を感じているのでしょう。
子どもたちが本当に好きな絵本の一つです。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら、たんぽぽ)

さくら組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を楽しみました。
すっかり読み聞かせの定番になっているこの絵本。
さくら組の子どもたちは初めてみる絵本です。
2歳児になるとこのくらいストーリーがある絵本でもしっかり集中して楽しむことができます。
さて、子どもたち。
西村敏雄さんの絵に魅了され、食い入るように絵本に見入っていました。
お話が進むにしたがって、登場する動物たちの名前を呼んだり、絵の様子を口に出したりお話の世界をじっくり観察しています。
そして、やはり何も言わずともはじまる「ごしごししゅっしゅ」のかけ声(^^)
絵本の中での出来事に自分も一緒になって声を出してみる姿。
そのままを受け止めて、自分なりに表現してみようとする気持ちがあふれています。
やっぱり、子どもたちは絵本が大好きなんだなと思います。

お次は、たんぽぽ組さん。
ちょっと長いお話ですが「ジオジオのかんむり」を楽しみました。
ライオンの王様ジオジオと小さな「はいいろのとり」のお話です。
物語を理解していく入り口の絵本として選んでみました。
最初は寂しそうなジオジオの姿に子どもたちも少し心配そうに見ています。はいいろのとりとの出会い、そして面白い提案。
かんむりにとりをのせて森を歩くジオジオの誇らしい姿に子どもたちも安心していました。
力を持つものと、持たないものの不思議な関係の面白さ。
終始、優しさにあふれたお話。
何度も読み聞かせるうちに子どもたちはきっと気付いていくでしょう。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり、たんぽぽ)

ひまわり組のお友だちと一緒に「きりんいす」を読みました。
少し長めのお話ですが、ひまわり組さんなら大丈夫と選んでみました。
ぼくの拾ってきたいすがきりんになって、森の動物たちと一緒に遊びます。
まるで想像力を試されているような突拍子も無い発想が面白いお話なのです
子どもたちも不思議ないすに魅了されてお話をジッと聞いていました。
お話が進む中でボソッと聞こえた一言。
「きりんって飛ぶん?」
子どもたちは素直にこの「いす」を「きりん」として認めていることが表れています。
お話を終えると「えーもう終わり?短かった。」と言う声。
子どもたちにとって、長いお話でもあっという間に過ぎてしまった楽しい時間だったようです。

さて、続いて、
たんぽぽ組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を読みました。
継続園児の子どもたちは何度もこの絵本を読んでもらっていて、みんな大好きなお話です。
中でもAちゃんは登場する動物たちのセリフまでちゃんと覚えていて、「はい いいですよー(^^)」と一緒に声を合わせて読んでくれます。
「ごしごし しゅっしゅ」もみんなで言い合い、楽しそうなお風呂の様子を感じている様子。
新しい子たちもその楽しさに触れて、ニコニコの笑顔でした。
「おふろでしゅっしゅってしとうでー」
「おとうさんもあらうんやー」
と、子どもたちもお風呂のことを教えてくれました。
楽しくおふろに入って「いいきもち~」になるといいね。