‘ひまわり組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:ちいさな ねこ

img140「ちいさな ねこ」
作;石井 桃子
絵:横内 襄
出版社:福音館書店

今日は3歳のクラスと2歳のさくら組さんでこの本を読んでみて、子どもたちの反応の違いを見てみました。

この本は、ちいさなこねこがお家から飛び出して、外の世界へ冒険に出かけるお話です。
途中、いろんな危険に出くわし、それらを避けながらハラハラドキドキの旅を経験していきます。
横内さんの実写に見まごう素晴らしい描写の絵が、よりリアルにねこの表情や動きを描き、命あるものを写し取っていています。
また、単純ながらもちゃんとしたストーリーのあるお話も、より深い絵本と物語の世界に入り込む入り口としてお薦めできます。

さて、まずは3歳児さん。
たんぽぽ組とひまわり組でそれぞれ読みました。
子どもたちは飾り気のないリアルなこねこの姿に見入っていました。
自動車にひかれそうになると、「あぶないで!」「ぶつかる!」と、思わず声が出ます。
助かったこねこの姿にほっと一安心。
絵本を見つめる表情にその安堵感が見て取れました。
表面的な絵の説明ではなく、ちゃんとお話の場面を理解して、危ない、怖い気持ちが自分のなかで沸き起こる。子どもたちの心の成長が感じられます。
犬に追い立てられ、母親ねこが助けに来てくれたときは、きっと自分たちが困った時に助けてくれるお母さんのことを思い出したことでしょう。
自分たちが一番安心していられるの場所はどこなのか?子どもたちは本当によく知っています。

私が一番感心したのは、母親ねこがこねこを口にくわえてお家に帰る場面。それを見た子どもたちが、
「カプって噛んだら痛いやん」という感想があるなかで、
「ねこさん、だっこしとうな」と言うとても素敵な声が。
口にくわえているのはお母さんの「だっこ」だ。
誰に教えてもらったわけでもなく、絵本の中で母親の優しさに触れた子どもの素直な思いなのでしょうね。

続いて、さくら組さん。
絵本を読むのが久しぶりだったのですが、子どもたちは読んでもらえるのがうれしくて、みんなちゃんと座ってワクワクした気持ちを一身に向けてくれました。
本当にかしこく座っているんですよ。
お話の中のいろいろなものを声に出しながら、こねこの冒険を応援してくれるさくら組さん。
自動車に飛び出したこねこの場面がちょっぴり怖かったのか、そっと先生のそばに移動する子もいました。
「じどうしゃ、あぶない!」「とびだしたらあかんで!」
ちゃんとお話を理解して、危険を感じているんですね。
母親ねこが現れた時も、「よかったな~」「おうちどこなか~?」と本当にしみじみと言葉にしていました。
保育園で生活をする子どもたちもこねこと同じ。
毎日が少しの冒険で、不安になることもあるけれど、助けてくれるお友だちと先生に囲まれてゆっくりと成長していきます。
そして、お母さんの元に帰る安堵感と愛情をいっぱい感じることでしょう。
こねこのように、力強く成長していってほしいですね。

絵本読んで!

絵本:しろくまのパンツ

img137「しろくまのパンツ」
作:tupera tupera
出版社:ブロンズ新社

ひまわり組のお友だちと一緒にパンツどこいった~?

亀山達矢さんと中川敦子さんお二人のコラボレーションで描くカラフルで楽しい絵本です。
しろくまさんのパンツがどこかへいっちゃった!?
ねずみさんと一緒にパンツをさがします。
このパンツは誰のパンツ?
色んな動物のパンツが出てきますが、しろくまさんのパンツはみつかりません。
おかしいなぁ?
のんびりしたしろくまさんのキャラクター。
結末もどこかほのぼの、のんびりしています。

絵本の構成もよく考えられています。
この絵本、読む前にしろくまさんの”赤い”パンツをぬがせてあげます。そうじゃないとページがめくれないようになっています。
もちろん、パンツをぬがすその過程も子どもたちに見せてあげます。
また、地味な色使いのしろくまさんとねずみくんに対して、登場する動物たちはとてもカラフルなパンツをはいています。
コントラストの違いが、パンツと主役のしろくまくんを際立たせています。
実はこういったすべては楽しい結末に向けての仕掛けになっています。

さて、この絵本はくりぬき絵本になっていて、いろんなパンツをはいた動物たちがページの向こうに隠れています。
くりぬきから見えるいろんな模様や形のパンツが誰のパンツか?当てっこするようになっています。
子どもたちは出てくるカラフルな楽しい形のパンツを見て、
「シマウマや!」
「キリンさんかな?」
「うさぎさんやった!」
と、口々に自分たちのイメージを伝えてくれます。
ページをめくるとカラフルでユーモラスな動物たちが現れて、子どもたちも驚いたり笑ったり、絵本との対話を楽しんでいるようでした。

一番おもしろかったのは、イカさんのパンツ。
10個本の足が出る水玉パンツ、誰のパンツ?
「タコ!」「イカやで!」と声がします。
ページをめくってパッと現れたのは、、

「なんや、スルメやん!」

(^^;;;
しろくまさん、焼いて食べちゃうの!?

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ、ひまわり)

今年度も読み聞かせを通じて、子どもたちとに一緒に絵本の世界を楽しんでいこうと思います。
今日は、たんぽぽ組、ひまわり組の子どもたち。
3歳前後の子どもたちが大好きな「きょだいなきょだいな」を読みました。
3歳児クラスの子どもたち新入園児のお友だちが多く、保育園での読み聞かせに興味津々で聞いてくれます。
この頃の子どもたちは色々なものごとが理解できるようになってきて、自分なりの認識が発達してくる時期です。
絵本の楽しい世界観に浸りながら、ユニークな発想でその世界を広げることが面白いと感じるようになり、それを言葉で表現して他者と共有しようとしたりします。
そして他者との対話の中から新たな発想を得て、自分の世界観をより深く理解していくことでしょう。
まさに悦びが子どもを成長させているのですね。

さて、絵本を読んでの子どもたちの姿です。
「あったとさ、あったとさ」
くり返されるリズム感のある文章は、子どもたちをゆるやかに絵本の中へ誘います。
ありえない面白いきょだいなものが次々に登場するのですが、そのたびに子どもたちはわくわくした気持ちで見入っています。
絵本の中ではそのきょだいなものと子どもが楽しく関わる姿が描かれているのですが、その姿を自分たちに投影して楽しんでいるのでしょうか。

子どもたちが一番気に入ったのは「きょだいなあわたてき」
「お空ぐるぐるしたらカミナリさんがおっこちてくるで!」
面白い発想ですね。
「きょだいなトイレットペーパー」では、
「トイレットペーパーの上で寝れるやん!」
きょだいな何かの楽しみ方。
子どもたちはいろいろ考えながら楽しんだようです。

絵本読んで!

絵本:スイミー

img125「スイミー」
文:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社

ひまわり組のお友だちと一緒に、大きなさかなになって泳ごう!

レオ・レオニさんの定番絵本。
小さな小さなさかなのスイミーが仲間と一緒に海で生き抜くお話です。
小学校の国語の教科書に教材として取り上げられていますので、ご存知の方も多いでしょう。
私も国語の時間にこのお話を習った記憶があります。
教科書では言葉と文章が主体ですが、オリジナルの絵本はとてもカラフルな絵で海の中の生き物たちが生き生きと描かれています。
やっぱり絵本じゃないとスイミーが感じたワクワクした気持ちや、素晴らしい海の世界を感じられない!と思うのですがどうでしょう。

ひまわり組の子どもたちも面白そうな海の生き物に見入っていました。
小さくてちっぽけなスイミーとは対照的に、虹色のぐらげ、大きないせえび、様々な魚たちや海草のはやし。
生きている世界の素晴らしさ面白さを小さなスイミーが感じているのと同じくして、子どもたちも絵本を通じて感じているのだなと思いました。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり)

ひまわり組の子どもたちと一緒に、「イガイガ」を楽しみました。
連日、絵本を楽しみにしてくれている子どもたち。
読む方も子どもたちの嬉しそうな姿にとても癒されています(^^)

赤いイガイガと青いイガイガのお話し。
読み始めると、不思議なイガイガの姿に子どもたちは早速反応していました。
「イガイガってどんぐり?」
確かに、イガイガが無ければどんぐりに見えます(^^)

話が進んで、大きなイガイガが出てくると、今度は「目も鼻もないなー」とみんな不思議に思った様子。
正体不明のイガイガにみんな??という感じで見ています。

大きな木の下のたどり着いたイガイガたちは、大きなイガイガの正体を突き止めます。
火にくべると「パーン!」と破裂した大きなイガイガ。
何人かの子どもがこれが「くり」であることに気がつきました。

「これ食べたことある」「えーっと」
「おっきなどんぐり?」「くり?」

絵本のイガイガたちが食べているくりを見て、思い出したようです。

今はむき栗ばかりで、皮付きイガ付きの栗を見ることは珍しくなりました。
本物の栗を面倒でも必死に皮をむき、それを食べることって子どもにとって大切な経験のひとつ。
知らなくても困らない、ではなくて、色んなことを知っていればもっと興味を持てる。
そして、子どもたちの興味関心を引き出せれば、そこからより深い成長につなげていくことができる、ということを理解しておかなくてはなりませんね。
大人にとって効率的なことは、子どもの成長にとっては非効率だったり、時には成長のチャンスを奪っていることもあるのです。

イガイガは大きなイガイガ(くり)を食べてみんな幸せに暮らします。
子どもたちも絵本での体験を成長につなげて幸せになってほしいですね。