‘ふじ組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:たいせつなこと

img136「たいせつなこと」
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイスガード
訳:うちだ ややこ
出版社:フレーベル館

4、5歳のお友だちと一緒に、たいせつなことを考えました。

ずっと前から、年度の最後に読もうと決めていた絵本です。
マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの美しい詩のような文章で綴られる、たいせつなことのお話です。
身の回りにあるものや自然、様々な現象について、そのものが持つ姿や動きが優しい言葉で語られて行きます。
その語り口によって一つひとつが身近に感じられて、また、描かれているシンプルな絵も相まって、イメージが広がっていきます。
そして、それぞれの「たいせつなこと」について短い一言で締めくくります。
例えば、雨にとって大切なのは「うるおす」ということ。
1ページに1つ、そういった「たいせつなこと」が語られています。

さて、4、5歳の子どもたち。
この絵本は、詩のような美しい文章が、聞き手のイメージを引き出すようになっていますので、読み方もゆっくりと、かみしめながら読んでいきます。
子どもたちはお話を静かに聞きながら、どんどんイメージを広げている様子です。
一つひとつについて「たいせつなこと」を聞きながら「そうか、なるほど」と思う子もいれば「ほかにもあるよ」と思う子もいるようでした。

この美しい詩の中で、マーガレットさんの意図したことは何でしょうか。
私の想像ですが、それは子どもたちがあらゆることについて見る目を持ち、自由に思いを巡らせ、その中からその子が「たいせつなこと」を自分で見つけること。それが「たいせつなこと」なのだと言うこと。そうではないだろうか思うのです。
ですから、詩の中に出てくる様々なものについての「たいせつなこと」が聞き手によって違和感があってもよいのです。
その時はまた、自分にとって「たいせつなこと」を見つければいいのですから。

読み終えて、子どもたちから色々な言葉が出てきました。
「園長先生ってどんなん?大切なことは何やろう?」
と聞くと、
「めがねをかけてること!」「こっそり見てくれてる」「絵本読んでくれる」と、私のイメージを口々に教えてくれました。

『園長先生は、いつもめがねをかけていて、そのおめめでキョロキョロみんなを見ていて、お部屋に来ると絵本を読んでくれる。
でも、園長先生にとってたいせつなのは??』
「ほいくえんにおることや」
だって(^^)

「じゃあ、おかあさんにとって大切なことは何やろう?」と聞くと。
「美味しいご飯作ってくれる!」「病気になったら一緒にいてくれる!」「がんばって働いとう!」「こら!ゆーて怒るけど優しい!」「ぎゅってしてくれる!」
子どもたちの口から、言葉が止まりませんでした。

絵本読んで!

絵本:どうながのプレッツェル

img106「どうながのプレッツェル」
作:マーガレット・レイ
絵:H.A.レイ
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店

ふじ組のお友だちと一緒に、どうながダックスフントと遊びました。

この海外の絵本もロングセラーの人気本。
作者は「ひとまねこざる」(おさるのジョージ)でおなじみのレイ夫妻です。
物語はプレッツェルのどうなが体型にスポットを当てて、小さな恋を実らせるおはなし。
最初はプレッツェルの体型を面白く感じていた子どもたちも、大好きなグレタに嫌われる様子にちょっと残念そう。
嫌いなものは嫌い、とはっきりしているグレタの性格もどこか子どもっぽくも見えます。
それでもあきらめないプレッツェル。どうなるの?

好き、嫌いを感じるようになった子どもたちはどう感じたのでしょう。
大好きなお友達。
大好きな先生。
誰かを好きになるって言うことは、奥深い心の反応だということをグレタは教えてくれます。
そしてそれは、ちょっとしたことでは揺るがないものなのだということをプレッツェルが教えてくれます。

ふじ組のお友達もみんな「よかった」って表情でした。

絵本読んで!

絵本:おおかみと七ひきのこやぎ

img104「おおかみと七ひきのこやぎ」
グリム童話
絵:フェリクス・ホフマン
訳:せた ていじ
出版社:福音館書店

ふじ組のお友だちと一緒に、「おまえはきっと、おおかみだろ!」

誰もが知っているグリム童話のお話です。
母やぎのいいつけを守って留守番していたこやぎたち。
でも、悪がしこいおおかみに襲われて食べられてしまいます。
母やぎは子どもたちを救い、おおかみをやっつけるために立ち上がります。

こやぎとおおかみのやり取り。
おおかみの悪知恵の面白さ。
ハラハラドキドキの展開も存分に楽しめるお話です。
ふじ組の子どもたち、すぐにお話の世界に飛び込んでいました。
絵本を見つめる真っ直ぐな眼差し。すごい集中力!
長いお話にもかかわらず、飽きることなく最後まで聞き入っていました。
読み終えると「えーもう終わり?」時間が経つのも忘れて、本当にお話に夢中になっていたのでしょうね。
もっともっとお話を楽しみたい、そんな気持ちが伝わってきました。

ところで、この絵本はよく残酷さが議論されることがあります。
特に中でもこやぎたちが「おおかみしんだ」と踊り喜ぶ場面があります。
悪いことをしたから殺された。勧善懲悪。と言う意見もあれば、死を喜ぶような心理は残酷という指摘もあります。
私はこの絵本をそのまま子どもたちに提供することをすすめています。

この絵本のお話は擬人化されているとはいえ、やぎもおおかみも「生きること」に必死になっている姿を描いています。
食べる側、食べられる側の知恵比べ、それは、生きるうえであたりまえのように繰り返されてきたことです。
そしてそれは、善でもなく悪でもありません。
子ども達が生きるために必死になった母やぎ、生き延びるためになんとか空腹を満たそうとしたおおかみ。
両者に同じ言い分があるのです。

いつかきっと子どもたちも「生きること」を読み解く力をつけて、後にこのお話に触れたとき思い直すことがあるでしょう。
そうやって人は、自分自身でちゃんと考え理解して「生きる力」を身につけるのだと思います。

絵本読んで!

絵本:すもうにかったびんぼうがみ

「すもうにかったびんぼうがみ」
再話:松谷 みよ子
絵:斎藤 真成
出版社:福音館書店

ふじぐみのお友達と一緒に、えんさらやどがったらや。

年末に近づく今頃から、3月の生活発表会で演じる題材を決めるために色々な絵本を読みます。
どんな絵本の世界観が子どもたちに受け入れらるだろうか。
子どもたちが伸び伸びと演じられるお話の世界はどれだろうか。
先生たちは子どもたちと言葉を交わしながら、あれこれと考えていきます。
この絵本を選んだのもその取り掛かりのひとつです。

働き者の若い夫婦の家に住み着いたびんぼうがみ。
そんなことはつゆしらず、一生懸命、真面目に働く若夫婦は人一倍苦労するもよい正月を迎えられるようにがんばります。
働き者の若夫婦の下に居られなくなったびんぼうがみはとうとうお払い箱。若夫婦の家にはふくのかみがやってくることになります。
出て行かなければならない悲しさから、泣きながら若夫婦に正体を明かすびんぼうがみ。
若夫婦の厚い情を受け、なんとふくのかみとすもうで勝負することになりました。

面白いストーリーの昔話ですが、子どもたちもその面白さに引き込まれるように聞き入っていました。
ひょろひょろですぐに負けそうなびんぼうがみが、若夫婦の応援の甲斐あってすもうに勝つまでのお話の展開が特に面白く描かれています。
子どもたちは素朴な絵柄からは想像しなかった話の展開にワクワクしている様子でした。

良い神、悪い神ではなく、良い行いが人を幸せにすることを描いたお話。
子どもたちもふくのかみになったびんぼうがみに「えー!」と驚きながらも「スゴイ!」と感じていたようです。

絵本読んで!

絵本:あらいぐまとねずみたち

「あらいぐまとねずみたち」
作:大友 康夫
出版社:福音館書店

ふじ組のお友達と一緒に、じゃがいもごろごろ。

大友康夫さんと言うと、「こんにちは」「いただきまあす」(作:わたなべしげお、出版社:福音館書店)のくまの子シリーズが思い浮かびます。
この絵本は見開きいっぱいの絵がとても印象的な絵本です。
広い大きな絵をじっくり楽しめると思います。

あらいぐまとどろうぼうねずみのお話。
どろぼうねずみの悪事を見つけてこらしめるあらいぐま。
でも、ねずみの事情を知って、何とかしようと一緒に知恵を出していくお話です。
食べ物に困らないように畑を作ったり、おうちを作ったり、あらいぐまもねずみも一緒になって物事を進めていく姿。
損得ではなく、助け合いの姿が描かれています。

ふじ組のお友達もお話が進んでいくにつれ、期待を持って聞いていました。
さすが4、5才さん、みんなで何かをすることをすぐに理解できたようです。
途中、ねずみの家を作る場面では、家の細かい描写があって、それにとても興味を持った子もいました。
「お風呂あった!」「寝るところどこ?」「すべり台!遊んでる!」
じっくり絵を楽しむこともできました。
お話のおしまいは、助けてくれたあらいぐまにお礼をするねずみたち。
心ばかりのお礼の気持ち。
感謝で終わるお話でした。