‘りんご組’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:あおくん と きいろちゃん

img130「あおくん と きいろちゃん」
作:レオ・レオーニ
訳:藤田 圭雄
出版社:至光社

りんご組のお友だちと一緒に、いろいろ、まぜまぜ。

スイミーでおなじみのレオ・レオニさんの絵本です。
仲良しのあおくんときいろちゃんの一日が描かれたとてもシンプルな絵本です。
絵としてのキャラクタはありませんが、色の違い、形の違いで様々な人や物を表しています。一見、色を塗っているだけのように見えますが、読んでいくうちにそれぞれに個性を感じてくるので不思議です。
人は生まれながらにして、目で見て顔かたち細かいディテールを認識し、分かりやすい違いで個性を見分けることに長けています。
でも、この絵本はもっともシンプルで単純な色と少しの形の違いだけで個性と言う大きな違いを感じさせるように描かれています。
元永定正さんのシンプルな図案の面白い個性の絵本を思い出します。

さて、あおくんときいろちゃんの一日は冒険あり、事件あり、ストーリーも楽しめます。
最初のうち、りんご組の子どもたちはあおくんときいろちゃんの姿にきょとんとしていました。
でも、1歳児の子どもたちはすぐにそのシンプルな絵に個性を見出し、おとうさん、おかあさんやお友達の存在を見つけていました。
「おうちやな~」「ぱぱとままや」
そんなつぶやきを聞きながら話を進めていくと、交わった2人の色が変わったことに気が付いて「みどりや!」って、おかしいなぁ?と感じたのでしょうね。
涙になったあおくんときいろちゃんにも子どもたちはとても強い関心を持っていました。
「色」に注目した、とてもシンプルだけど面白い絵本です。

絵本読んで!

絵本:おーくんおんぶ

img122「おーくんおんぶ」
作:かたやま けん
出版社:福音館書店

りんご組さんと一緒に、おんぶ!

かたやまけんさんの、小さい子どもの姿を描いた絵本です。
未満児さんの色んな遊び方。
最初は小さなおもちゃから始まり、身近な人のまねっこ、ごっこ遊びへと発展していきます。
中でもお母さんのまねっこはどの子も何かしら経験するものではないでしょうか。
おままごとがその典型ですね。
この絵本の題材になっている「おんぶ」もそのひとつでしょう。
おーくんが色々なぬいぐるみをおんぶして楽しむお話。
読んでいくと、子どもたちはたくさんのぬいぐるみをおんぶして楽しんでいるおーくんの姿をじっと見つめていました。

何かをおんぶすることは、ふれあっていると言うこと。
そのうち、絵本の中のおーくんとおんぶを思い出し、あるいはお母さんのあたたかなおんぶを思い出し、おんぶ遊びが始まるのでしょうね。
そうやって、ふれあいやぬくもりを自分のものにしていくこと、それはきっと子どもたちの大切な成長につながるでしょう。

絵本読んで!

絵本:ころころ にゃーん

img120「ころころ にゃーん」
作:長 新太
出版社:福音館書店

りんご組のお友だちと一緒に、ころころ、にゃーん!

長新太さんは子どもたちのために発想豊かで愉快な絵本をたくさん残してくださいました。
独特の線の太い絵、面白い主人公たち、意外なお話、大人ではちょっと理解しがたい絵本だってあります。
思うに、まるで子どもが描く世界を絵本の中にそのまんま描いているように感じます。

さて、「ころころ にゃーん」は親ねこと子ねこが遊んでいる様子を描いた絵本です。
オノマトペの繰り返し、そして、特徴的なのがサインペンで描いた様な単色の絵。
いまは生活の中にカラフルでたくさんの色をふんだんに使える時代。どこを見てもリアルで豊かな色のものであふれています。
しかし、この絵本は全く色を廃したような描き方をしています。
しかも、ピンクと言う色使い。
パッと見て、むむむ、、、と思ってしまうかもしれません。
でも、だからこその良さがあるのです。

りんご組のお友達。
はじめて見る絵に興味津々。
読み進めていくと、ちゃんと、「ねこちゃん」「ころころあるで?」と言葉で教えてくれます。
どうやら、子どもたちはこの単色の世界に対して何の違和感も持っていない様子。
それどころか、「ころころふえた!」「ねこちゃんねとう」「あ、おきた」「またねた!」「ころころしたらねたなー」「またくるかなー」と次から次へ言葉が出てきます。
それも、実に細かいところまでしっかりと見て言葉にしています。

なるほど。単色の味気ない絵は、色にとらわれずに、細かい描写をじっくりと観察することや、描かれている物語へ意識を向けるためのアイディアなのだと気付きます。
0~2歳の子どもは特に目からの情報を頼りに世界を感じています。
彩りの美しさを感じることも大切ですが、細部をじっくり見ると言うことも同じくらい大切です。
この絵本はそういったことを子どもたちに見せてくれる絵本なのではないでしょうか。

そんなことを、りんご組の子どもたちが教えてくれました。
同じく長新太さん作「ごろごろ にゃーん」も同じ流れの絵本になっています。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(りんご)

今日はりんごぐみのお友だちと一緒に「たんたんぼうや」を楽しみました。
少しストーリーのある絵本。お話を理解しながら一緒にたんたん歩いていきました。
たんたんぼうやと動物たちが歩いていくと、次々にお友達が増えていって、愉快なポーズで真似っこ遊び。
子どもたちもその楽しそうなお話の展開にじっと聞き入っていました。

楽しく分かりやすい繰り返しのお話。
飛んだり、あくびしたり、子どもたちでも真似できる動作。
絵本から真似っこ遊びへの導入にもいいですね。
実際、りんごぐみのお友達も自分たちも真似っこしたそうにしてました(^^)
リズムよく元気よく歩いていった最後には、安心してゆっくりとお昼寝しているぞうさんが居ます。
楽しかったね、ぐうぐうお休み~。と、お昼寝の真似をすれば遊びの終わり。
また、たんたんと一緒に遊ぼうね。

絵本読んで!

絵本:ねえ、あそぼうよ

img113「ねえ、あそぼうよ」
作:たしろ ちさと
出版社:福音館書店

りんご組のお友だちと一緒に、あそぼうよ~。

いろんな動物の子どもが「あそぼうよ」とおねだりするお話です。
明るい表情豊かな動物の絵が楽しそうな姿を引き立てています。
この手の絵本では、おかあさんと遊ぶのが定番なのですが、この絵本ではお父さんとお母さんにあそんでよ!とおねだりします。
お母さんの寄り添うよな遊び方、お父さんのダイナミックな遊び方。
どちらも描かれていて、こんな風に遊びの違いを表現するのも面白いと感じます。

絵本の最後は男の子が高い高いしてもらう場面なのですが、子どもたちはなんだかうらやましそうにその絵をじっと見ていました。
やっぱり親子のふれあいはどの子も大好きなのでしょうね。