‘絵本:きりんいす’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり、たんぽぽ)

ひまわり組のお友だちと一緒に「きりんいす」を読みました。
少し長めのお話ですが、ひまわり組さんなら大丈夫と選んでみました。
ぼくの拾ってきたいすがきりんになって、森の動物たちと一緒に遊びます。
まるで想像力を試されているような突拍子も無い発想が面白いお話なのです
子どもたちも不思議ないすに魅了されてお話をジッと聞いていました。
お話が進む中でボソッと聞こえた一言。
「きりんって飛ぶん?」
子どもたちは素直にこの「いす」を「きりん」として認めていることが表れています。
お話を終えると「えーもう終わり?短かった。」と言う声。
子どもたちにとって、長いお話でもあっという間に過ぎてしまった楽しい時間だったようです。

さて、続いて、
たんぽぽ組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を読みました。
継続園児の子どもたちは何度もこの絵本を読んでもらっていて、みんな大好きなお話です。
中でもAちゃんは登場する動物たちのセリフまでちゃんと覚えていて、「はい いいですよー(^^)」と一緒に声を合わせて読んでくれます。
「ごしごし しゅっしゅ」もみんなで言い合い、楽しそうなお風呂の様子を感じている様子。
新しい子たちもその楽しさに触れて、ニコニコの笑顔でした。
「おふろでしゅっしゅってしとうでー」
「おとうさんもあらうんやー」
と、子どもたちもお風呂のことを教えてくれました。
楽しくおふろに入って「いいきもち~」になるといいね。

絵本読んで!

絵本:きりんいす

「きりんいす」
作:岡井 美穂

たんぽぽ組さんと一緒に、きりんいすに乗って遊びに行きました。

ひろったぼくのちいさないす。
ぼくと一緒に過ごすうちに、なぜかおおきくなったいす。
ぼくのひらめきできりんの模様を描いたら、きりんいすになっちゃった!
なんとも楽しい想像の世界にあるぼくときりんいす。
ちょっとしたことからイメージを広げていく子どもの心そのままの世界です。
不思議なことと考えちゃうとつまらない。
きりんいすに乗って楽しいことをしようという気持ち。
こどもが自由な発想を広げる心の映し絵なのでしょうね。

たんぽぽ組のお友達も、最初は「え~!?」っと声が上がったけれど、すぐにこの不思議な世界に入り込んで楽しんでいました。
いすがきりんになるだけでも楽しそうなのに、それに乗ってみんなと遊ぶなんて!
物事を現実的にとらえることも大切。
でも、子どもだからこそできる無限の想像力を発揮して得られる楽しみを子どもたちは感じるのでしょう。
何の変哲もない素朴ないす。
だけど、それを大変身させる想像力こそ子ども心のひとつの力だと思います。