‘絵本:くつくつあるけ’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(りんご)

今日はとってもいい天気。
おさんぽにいくと言うので、その前に「くつくつあるけ」の絵本を読みました。
シンプルで無駄のない言葉、けれど、くつの様子がしっかりと分かる絵本で小さい子にはもってこいです。

りんご組さん、見覚えのあるくつの絵にくぎ付け。
オノマトペもとっても楽しくて、とんとん、ぴょーんぴょんと声を出して一緒に読んでくれるお友達もいました。
新入園児のRくんも楽しかったのか声を出してケラケラ笑っていました(^^)

読み終えてからおさんぽにお出かけ。
新しい靴箱から自分で靴を出して、くつくつあるけ。

絵本って面白いねって気持ちがうまれたらいいですね。

絵本読んで!

絵本:くつくつあるけ

「くつくつあるけ」
作:林 明子
出版社:福音館書店

りんご組の子どもたちと一緒にくつくつあるきました。

ぱたぱた歩いたり、走ったり。
ぴょんと飛んだり、つまさきとんとん。
りんご組さん、くつの色んな姿をジッと見て、くつの様子をよく観察しているようでした。

生活の中で、くつを履くということを子どもたちは覚えていきます。
トイレや食事と同じように、生活の一つのステップとして存在するくつ。
小さい足を一生懸命もぐりこませて履けたと喜ぶ姿や、左右反対に履いてしまったくつを履きなおす姿。
お気に入りの長靴。
意外と子どもたちは、くつの存在を意識していることに気が付きます。

くつさんが楽しそうにする様子を見て、くつさんと一緒にとんとんって外に行こうって思うかな?
お部屋に戻るとき、ちゃんと下駄箱へくつさんねんねできるかな?
絵本から生活へ、丁寧に伝えられることもあるようです。
そんなことを考えながら、楽しみました。