‘絵本:こぶたほいくえん’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:こぶたほいくえん

「こぶたほいくえん」
作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店

たんぽぽ組のお友達と一緒に、よーいどん!

「ぐりとぐら」でおなじみの、中川李枝子さんと山脇百合子さんの作品です。
やんちゃざかりの3匹のこぶたがほいくえんへ行くことになるお話です。
作中では簡潔に触れられているこぶたの気持ちやお友達とのふれあい。
環境の変化の中で、お母さんの居ない寂しい気持ちから、持ち前の元気な気持ちへ変わる様子が描かれています。
たんぽぽ組のお友達にも身に覚えがある気持ちのはず。
夏になり、すっかり保育園の生活に慣れて元気に過ごす子どもたちは、そんな自分を振り返って絵本を楽しめるでしょうか?

さて、読み始めてすぐにみんなこぶた達の生活の様子をじっくり観察。
ぶたの先生や遊具のあるお庭をじっと見て保育園と同じだと理解したのでしょうか、「こぶたばっかりのほいくえんやな」「おんなじやん」とつぶやきます。
かけっこを始めるためにみんなが並ぶ場面では、困っているこぶたをお友達が助けている様子を見て「こっちやでーって言うんや」と。

幼い3歳の子ども達と思っていても、ちゃんとお友達と一緒に居ること理解し、臆することなく関わりあうことを楽しんでいるんだなと感じました。