‘絵本:こんぶのぶーさん’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:こんぶのぶーさん

img123「こんぶのぶーさん」
作:岡田 よしたか
出版社:ブロンズ新社

ひまわり組のお友だちと一緒に、「なにゆーてんねーん!」

岡田よしたかさんの関西弁絵本シリーズの1冊。
今回は「こんぶ」が主人公です。しかも、こんぶの漫才師と言う設定。
関西弁のお笑いノリで子どもたちの笑いを誘います。
子どもたちにとって、漫才師とか、お笑いとか、どういうものかよく分からないはずですが、お話の流れの中で面白さを敏感に感じ取っていました。
相方のオーディションにいろんな食べ物が登場しますが、どうにもこうにもぶーさんと息が合いません。その面白さに笑いがもれます。
最後には同じこんぶのこんさんと漫才をしますが、息がぴったりあった漫才に子どもたちも大笑い。
ちゃんと違いが分かっているんですね。

岡田よしたかさんの3部作、ひまわり組のお友だちはとっても楽しめたようです。