‘絵本:ぞうくんのあめふりさんぽ’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(りんご、たんぽぽ)

りんご組のお友達と一緒に「ぎったんこばったんこ」を楽しみました。
前回、読んだときは新しいお話に興味津々だった子どもたち。
ぎったんこ、ばったんこ、と繰り返す中で、子どもたちの中から「ぎったん」と言う声が。びっくりしました。
1度しか読んだことがないのにちゃんと覚えていて、しかも、言葉を真似て絵本を見ている姿は、お話を自分のものにしようという気持ちでいっぱいに見えます。
誰にも教わっていないのに、自然にそうするんですね。

たんぽぽ組のお友達とは「ぞうくんのあめふりさんぽ」を楽しみました。
子どもたちは以前に「ぞうくんのさんぽ」を読んで、お話を知っています。
「さんぽ」とは逆の立場になったぞうくんを見て、あれれ?おかしいな?と言う表情の子もいました。
みんなころんで水の中、ぷかぷか浮かぶぞうくんを見て「わー!ぞうさん!およげとう!!」と喜びの声。
お話の中で見つけたり、不思議に思ったり、またそれを楽しんだり。
一人ひとり、心の活動をしているのでしょうね。

絵本読んで!

絵本:ぞうくんのあめふりさんぽ

「ぞうくんのあめふりさんぽ」
作:なかの ひろたか
出版社:福音館書店

ひまわり組のお友達と楽しみました。
「ぞうくんのさんぽ」と対になる絵本です。

「ぞうくんのさんぽ」ではぞうくんの上に動物たちが乗ってさんぽにでかけましたが、この本ではその逆。
ぞうくんが一番上になっておさんぽするお話です。
登場人物は順番も変わらず、おなじみのかば、わに、かめくん。

小さなかめくんの上にみんなが乗っかる場面では、
「かめさんちいさいから乗ったらあかんで!」
と言う声。
えー!?っというナンセンスな流れに子どもたちもちゃんと反応してくれました。
「ぞうくんのさんぽ」と対である面白さも感じられれば、より楽しくなります。