‘絵本:ぼくのくれよん’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら)

生活に慣れてきて、外遊びも元気いっぱいのさくら組さん。
今日は「ぼくのくれよん」を読みました。

「今日はこの絵本だよ」と、表紙を見せると「ぬりぬりや!」「あおあるな」「あかいろ!」とくれよんの絵でひとしきり盛り上がります。
自分の知っているものを自発的に声に出すことが楽しいのでしょうね。
そうやって、自然に言葉のやり取りを楽しむことができるようになってくるのだと思います。

お話を聞きながら、場面場面で気付いたことを声を出して話していたお友達も「ばなな」の場面にさしかかると、なぜかシーンとだまって絵本を見入っていました。
ぞうさんがらいおんに叱られるのですが、その場面が気になったみたいです。
ぞうさん叱られてる、、、たぶん、何か身に覚えがあるのでしょうね。
そんな子どもの素直な反応に思わずニンマリしてしまいました。
でも、そのあと、ぞうさんは自由に駆け出して行きます。
こどもたちもホッと一安心。
びゅーびゅーくれよんで描くぞうさんの楽しそうな姿に笑顔が見られました。

絵本読んで!

絵本:ぼくのくれよん

「ぼくのくれよん」
作:長 新太
出版社:講談社

さくら組のお友達と一緒に、くれよんでびゅーびゅー。

おおきな、おおきなくれよん。
ぞうさんのくれよんで本いっぱいに絵を描くお話です。
この絵自体もくれよんで描かれていて、そして小さい子どもでもくれよん画の質感が分かるように大判サイズになっています。
長新太さんの愉快な画風も手伝って、やわらかい、楽しい雰囲気の絵本です。

読み始めるとすぐに子どもたちの中から「じーじー!」と言う声が上がりました。
そうそう、じーじー描く物だよね。
ぞうの鼻だけがにゅ~っと出てきても、すぐに「ぞうぉさん!」と自分の見つけたものを得意げに教えてくれます。
食べられないばななにがっかりする動物たちの場面で、離れた場所に一人いるライオンをみつけたTくんも嬉しそうでした。
かえるやばなな、登場する動物や物にちゃんと反応する子どもたち。上手に絵本に向かい合っています。