‘絵本:まあちゃんのながいかみ’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:まあちゃんのながいかみ

「まあちゃんのながいかみ」
作:たかどの ほうこ
出版社:福音館書店

ゆり組のお友達と一緒に、ぐるぐるながいかみ。

ちょっとおしゃまな女の子、まあちゃんがお友達とながいかみのお話を広げていきます。
「そうだったらいいのにな♪」という歌がありましたが、子どもたちの「~だったらなぁ」という想像力豊かな姿を描いた絵本です。
読んでいくと分かるのですが、絵本の中のまあちゃんが広げる想像の世界を、子どもたちも自分の想像力を使って一緒に広げていく楽しさがあります。

最初は、お話の中でまあちゃんのありえない話に対して、お友達の否定的な言葉。
まるで、聞いている子どもたちの「えー!?」という思いを代弁しているように描かれています。
でも、それを上回るまあちゃんの突拍子もない想像力が面白くて素敵で、そのあまりの迫力にいつの間にか、みんな納得してしまったようです。
そうなると、後はもっと想像力を広げて楽しむしかないですよね。

面白いのは、
男の子は「そんなんないわ!」と言う反応が多く、
女の子は「面白いやん!」と言う子が多かったこと。
やっぱり、女の子は日ごろからおしゃれをしたり、髪飾りをして髪の毛にとっても敏感に反応しているんだなって思いました。