‘絵本:もうねんね’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:もうねんね

もうねんね「もうねんね」
作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:童心社

りんご組さんの中では絵本を読んでもらうことが定番になってきました。

「いないいないばあ」と同じ松谷みよ子あかちゃんの本シリーズの一冊です。
動物たちがねんね。
お友達もねんね。
ねんねする姿を優しく描いた絵本です。
「ねんね」という言葉が程よく繰り返され、おやすみねんねの絵とつながって子どもたちにもよくわかるようです。

小さい子どもたちの絵本の多くは、生活や小さな遊びがテーマになっています。
寝る、食べる、服を着る、くつを履く。
ひとつひとつの小さなことですが、子どもたちにとっては複雑なことです。
絵本で見たこと、現実で経験したことを、相互に比較したり、確認したりすることで、子どもたちは自分たちのしていることを深く理解していきます。
絵本は子どもたちの生活を支え、補助してくれる役割もあるのです。