‘絵本:もりのおふろ’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら、たんぽぽ)

さくら組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を楽しみました。
すっかり読み聞かせの定番になっているこの絵本。
さくら組の子どもたちは初めてみる絵本です。
2歳児になるとこのくらいストーリーがある絵本でもしっかり集中して楽しむことができます。
さて、子どもたち。
西村敏雄さんの絵に魅了され、食い入るように絵本に見入っていました。
お話が進むにしたがって、登場する動物たちの名前を呼んだり、絵の様子を口に出したりお話の世界をじっくり観察しています。
そして、やはり何も言わずともはじまる「ごしごししゅっしゅ」のかけ声(^^)
絵本の中での出来事に自分も一緒になって声を出してみる姿。
そのままを受け止めて、自分なりに表現してみようとする気持ちがあふれています。
やっぱり、子どもたちは絵本が大好きなんだなと思います。

お次は、たんぽぽ組さん。
ちょっと長いお話ですが「ジオジオのかんむり」を楽しみました。
ライオンの王様ジオジオと小さな「はいいろのとり」のお話です。
物語を理解していく入り口の絵本として選んでみました。
最初は寂しそうなジオジオの姿に子どもたちも少し心配そうに見ています。はいいろのとりとの出会い、そして面白い提案。
かんむりにとりをのせて森を歩くジオジオの誇らしい姿に子どもたちも安心していました。
力を持つものと、持たないものの不思議な関係の面白さ。
終始、優しさにあふれたお話。
何度も読み聞かせるうちに子どもたちはきっと気付いていくでしょう。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ひまわり、たんぽぽ)

ひまわり組のお友だちと一緒に「きりんいす」を読みました。
少し長めのお話ですが、ひまわり組さんなら大丈夫と選んでみました。
ぼくの拾ってきたいすがきりんになって、森の動物たちと一緒に遊びます。
まるで想像力を試されているような突拍子も無い発想が面白いお話なのです
子どもたちも不思議ないすに魅了されてお話をジッと聞いていました。
お話が進む中でボソッと聞こえた一言。
「きりんって飛ぶん?」
子どもたちは素直にこの「いす」を「きりん」として認めていることが表れています。
お話を終えると「えーもう終わり?短かった。」と言う声。
子どもたちにとって、長いお話でもあっという間に過ぎてしまった楽しい時間だったようです。

さて、続いて、
たんぽぽ組のお友だちと一緒に「もりのおふろ」を読みました。
継続園児の子どもたちは何度もこの絵本を読んでもらっていて、みんな大好きなお話です。
中でもAちゃんは登場する動物たちのセリフまでちゃんと覚えていて、「はい いいですよー(^^)」と一緒に声を合わせて読んでくれます。
「ごしごし しゅっしゅ」もみんなで言い合い、楽しそうなお風呂の様子を感じている様子。
新しい子たちもその楽しさに触れて、ニコニコの笑顔でした。
「おふろでしゅっしゅってしとうでー」
「おとうさんもあらうんやー」
と、子どもたちもお風呂のことを教えてくれました。
楽しくおふろに入って「いいきもち~」になるといいね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(さくら)

さくら組のお友達と一緒に「もりのおふろ」を楽しみました。
簡単なストーリーがあって、2才児さんでも十分楽しめる絵本です。
以前、たんぽぽ組さんとひまわり組さんでも読んだことがあります。
そのときとは違う反応をするかな?と、期待しながら読み始めました。

子どもたちは次々登場する動物たちに期待しながら絵本にジッと集中していました。
この絵本は、動物たちの姿も面白いのですが、それよりももっと子どもたちが自然に絵本を楽しむ不思議な力を持っています。
動物たちがせなかの洗いっこをするときの描写がとても面白く、子どもたちには印象強いのでしょう。
「ごしごし しゅっしゅ」と言う言葉をたいそう気に入ります。
さくら組さんは初めて見る絵本なのですが、見事にこの描写に捕らえられました。
私が何も言わないのにいつの間にか、みんな自然に「ごしごし しゅっしゅ」と声が出ます。
らいおんさんも、ぞうさんも、うさぎさんも。
みんな「ごしごし しゅっしゅ」と一緒に声を出して読んでくれます。
実は、たんぽぽ組さんやひまわり組さんでも同じでした。
いつの間にかみんなで「ごしごし しゅっしゅ」と、絵本の中で楽しむ姿。
絵本を楽しむ力、その子どもたちの姿を見事に引き出す絵本です。
あっぱれ!

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(たんぽぽ)

たんぽぽ組さんと一緒に絵本を読みました。
「もりのおふろ」は2、3才のお友達が大好きな一冊。
私も個人的に好きな絵本です。

我が子とお風呂に入ると、この絵本を思い出し、
「ごしごし しゅっしゅ」
と、背中の洗いっこをします。
小さな背中をごしごし、私の大きな背中をごしごし。
絵本と一緒に生活も楽しむことを教えてくれる絵本です。

絵本読んで!

絵本:もりのおふろ

「もりのおふろ」
作絵:西村 敏雄
出版社:福音館書店

ひまわり組さんが大好きな絵本です。

もりのおくに湧いている不思議なおふろ。
動物たちが次々にやってきて、「わたしのせなかをあらってもらえませんか?」
「いいですよ」と、快く引き受ける動物たち。
みんなで輪になって、背中をごしごし洗います。

「ごしごし しゅっしゅ。ごしごし しゅっしゅ。」

と、子どもたちも声を合わせて洗ってくれます。
お湯をざばーんとかけて、おふろへどぼーん!と入る。
とっても楽しそうな、気持ちのいいおふろです。