‘絵本:アリのおでかけ’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:アリのおでかけ

「アリのおでかけ」
作:西村 敏雄
出版社:白泉社

りんご組のお友だちと一緒にバスに乗って「ぶーぶー」
私の好きな作家さんの一人、西村敏雄さんの絵本です。
内容もとてもシンプルで繰り返しあり、驚きあり、すぐに子ども達が好きになりそうなお話です。
おしゃべり上手になってきたりんご組さんは、日々、あたらしい言葉を探して耳を澄ましていますが、この絵本に登場する動物たちもしっかりと耳で聞いて言えるようになっています。

アリさんがバスに乗っておでかけ。
「やまがみえてきました」「ぶーぶー」
ジィッと真剣に聞いていたかと思うと、
「ラクダです」
とページをめくったとたん、わぁっと表情が輝きます。
子どもって本当に絵本が好きなんですね。

先日、りんご組さんは、保育園のバスに乗っておでかけしました。
みんなで初めてバスに乗って保育園と違うところに行く。そんな体験をしたところ。
そのことがとても楽しかったらしく、バスに乗っていくアリさんにも興味津々。
「いったなぁ~」
と、私に話しかけてくれるOくん。
アリさんとおななじや、と感じているのでしょうね。

また、バスに乗っておでかけしようね。