‘絵本:給食番長’ タグのついている記事

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(ふじ)

すずらん組、ゆり組に続いて、ふじ組のお友達と一緒に「給食番長」を楽しみました。

読み始めてすぐに、おかしな番長にみんな大笑い。
ニコニコで読み進めていくと、絵本の中のみんなが困っている場面でふじ組のみんなも神妙な顔つきに。
雲行きが怪しくなった番長に、子どもたちも困った様子で見入っています。
ちゃんとお話の流れを理解して、番長やクラスのみんなの心境も感じている子どもたち。

読み終えた後の「はぁ」と言う安堵に似たため息が聞こえると、あぁお話の世界を楽しんだなと、読んでいる側もとても嬉しく感じます。

ふじ組さんのモリモリ食べてカッコイイ番長はだれ?と聞くと、何人もの手があがりました。
やる気マンマン。食べる気マンマンのふじ組さん(^^)
みんな、給食室の先生やおいしいご飯を作ってくれるお母さんに感謝しながら、嫌いなものでも少し頑張って食べようね。

絵本読んで!

絵本:給食番長

「給食番長」
作:よしなが こうたく
出版社:長崎出版株式会社

すずらん組、ゆり組のお友達と一緒にいただきます!

特徴のある不思議な勢いのある絵。
小学生低学年向きの絵本ですが、4,5才の先生に是非読んでほしい!とリクエストされました。

給食を残してばかりの番長が巻き起こす大騒動。
給食のおばちゃんを困らせて好き放題。しまいにはみんなを怒らせて番長たちも大弱り。
給食に賭けるおばちゃんたちの熱い思いと番長の感動のお話です。
(少し大げさですが)

この絵本の文章は標準語っぽく書かれていて、ほとんどが会話文です。
脚注に作者の故郷、博多弁での訳文が一緒に書かれていて、身近な地域方言での会話風景が楽しめるようになっています。
会話文が多い絵本ならでは楽しみ方ですね。
もちろん今回は、関西弁風に読み進めていきました。

子どもたちも番長の滅茶苦茶な給食風景にあぜん。
あっはっはと笑い声ももれてきます。
でも、給食のおばちゃんとの仲直りの場面では、みんなシーンと静かに聞いていました。
おばちゃん戻ってきてよかったなぁって、安心していたのかもしれません。

ゆり組さんで読み終わった後、ゆり組さんの給食番長はだれ?と言う話になり、名前が挙がったIくん。
ただ体が大きいと言う理由で「Iくんが番長や」と言われてしまい、ちょっぴり悔しかったようです。
本当のIくんはおかわりもモリモリ残さず食べて、かっこいい番長や!とみんなでフォローを入れておきました(^_^;

もちろん、その後の給食はみんなバッチリ☆だったようです。
一部を除いては・・・・ね。