‘絵本:11ぴきのねこ’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:11ぴきのねこ

「11ぴきのねこ」
作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社

すずらん組のお友達と一緒に、おさかな食べちゃった!!

馬場のぼるさんの楽しいねこたちのお話です。
馬場さんのユーモアのあるお話と、どこかのんびりとした絵。
ちょっぴりナンセンスなお話が子どもたちをひきつける魅力になっているのでしょうか。

さて、ねこたちがおおきなお魚を捕まえに行くお話です。
子どもたちが大好きな絵本なので、何度も読んでもらって知っている子どもたちもいました。
お話の面白いポイントに差し掛かると、「やっぱり」とクスクス笑いながらお話しする子。
ちゃんと記憶の中の絵本をたどり、自分の中のお話を巡っているのだと感じます。
何度も読むことは記憶の反芻を楽しむことでもありますが、読むたびに絵本の世界を確認して、自分の世界をどんどん広げていくことでもあります。
そして、また次に読むと、自分の世界を重ねながら違う発見をするのでしょう。

食べられちゃったお魚をみて可笑しさを楽しむ子どもたち。
しっかりと絵本の世界を楽しめていました。、