‘とりグループ’ タグのついている記事

絵本読んで!

絵本:あな

img098「あな」
作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:福音館書店

とりグループのお友だちと一緒に、あなを掘ってみました。

絵本には珍しい、横長の縦開きの本です。
ひろしがひたすらに穴を掘っていくお話。
おかあさんや友だちがかわるがわるやってきて、ひろしに声をかけますがひろしは気にも留めず穴を掘ることに一生懸命です。
ひろしは一体何を思いながら掘っているのだろう?と不思議に思うお話を、子どもたちはどう感じるのでしょうか。

私がこの本を読むときは、できるだけ淡々と平易に読むようにしています。
と言うのも、詩人である谷川さんのとても分かりやすい言葉、情景を必要なだけの言葉で表現されている日本語を感じて欲しいと思うのが一つ。
それと、お話の中で徐々にひろしの気持ちが変化していることを、子どもたちの気付きの中で感じられるように、それを読み方で妨げないように、という思いからです。

さて、とりグループのお友だち。
同じアングルで描かれた「あな」はその変化がとてもわかりやすく、深くなっているのも見て取れます。
でも、穴掘りの状況が変化していく中で、次々とやってくる訪問者に「またぁ」とちょっと残念な声。。。
むむむ、、、お話の芯が感じられていないのか、、、と、ちょっぴり不安になりながら読み進めました。

読み終えて聞いてみました。
『表紙の絵って何の絵?』
「あなやん」「そら!」「ちょうちょう」と色々意見が出ましたが、Kくんが
「あなから上みたんや」と。
あ、ちゃんと伝わってた。と安心しました。
『じゃあ裏表紙の絵は何やろ?』
「あな!!」「ちゃいろ!」
すると誰かが、「あなのぞいたんや」
ひろしの見た「あな」を表紙に持ってくるなんて、なんだか確信的ですが、ちゃんとひろしのあなが描かれていることが嬉しいですね。
子どもたちも気付いてくれたようです。

この絵本のひろしの気持ちってどんなものでしょうか?
ひたすらに何かを成し遂げて満足した気持ちってどんなものでしょうか?
私にも経験があります。
砂場いっぱいの山を作ってみる。満足いくまで高く。トンネルも掘る。
冷たい砂の感触、指の痛み。暑い日ざしの中、汗だくになって山を作る。
出来上がったときのなんともいえない充実した心地よさ。
みなさんにもきっとそんな経験があるはずです。

穴掘りの場面が進むたびに、ひろしがこれは自分のあなだという思いを強くしていく姿。穴の深さの分、その思いの強さを感じます。
そんな気持ちを酌みもせず、的外れなことを言う人たちの可笑しさがそこにあったりもします。
唯一、おとうさんだけがひろしの行いを認めているような言葉をかけていますね。
おそらく、おとうさんにも同じような経験があったのかもしれません。

あなの中に座り込むと、きっとひんやりと冷たい土の手触り、土のにおいが充満していたでしょう。
ぽっかりと開いたあなの中から見える切り取られた空。
その空はまちがいなく、ひろしのものになった空なのでしょうね。

絵本読んで!

今日の読み聞かせ(とりグループ)

とりグループのお友だちのお昼寝前の読み聞かせ。
子どもたちも楽しみにしてくれているようです。
今日は「とん ことり」を一緒に楽しみました。
少し長い物語を楽しみながら、登場人物の心の動きに共感したり、お話のワクワクドキドキを感じたりすることも子どもたちは大好きです。

『とん ことり』

「あ、またいうた」
子どもたちもこの鍵となる言葉に何かが起こることを期待している様子。
「すみれ」「たんぽぽ」「てがみ」少しずつ、近づいてくる喜びを感じているようでした。
ドアを開け、知らない女の子との出会いのシーンで物語は一気に展開していきます。
こどもたちもドキドキしながら聞いています。
かなえと女の子が、楽しそうに春の息吹にあふれる野原で遊んでいる姿。
そのページをじっと見て
「わぁ、楽しそうや」
と一言。

お友だちと一緒にいることが素晴らしいことだと気付かされる言葉でした。

ところで、とりグループさん。
読み聞かせのあと、お昼寝に入るのですが、「園長先生とギュッてしてから寝る!」と誰が言い出したのか分かりませんが、寝る前の儀式になっているようです(^^;
みんなちゃんと並んで、順番にギュッと抱きしめながら「おやすみ」と一人ひとり声をかけます。
それだけなんですが、本当に嬉しいのでしょうね。
安心しておやすみなさい。

絵本読んで!

絵本:ちょっとだけまいご

20130417134820111_0001「ちょっとだけまいご」
作:クリス・ホートン
訳:木坂 涼
出版社:BL出版

とりグループのお友達と一緒に、おっ、おー!

3歳児だった子ども達が、階段を上り2階へやってきました。
とりグループの子どもたちも、いっぱしのお兄ちゃんお姉ちゃん顔になってきたように思うのは気のせいでしょうか(^^)

さて今日は、私も初めて読む絵本です。
切り絵のような絵柄に、同色のグラデーションを上手く使った背景。
その中に浮き上がる登場人物のシルエット。
よく見ると細かな描写もちゃんと描かれていて、シンプルなのにじっくり絵を見るだけでも楽しい絵本です。
お昼寝をしてたチビふくろうが、巣から落っこちてまいごになってしまいます。
気のいいリスがかあちゃん探しを手伝ってくれますが、なんともトンチンカンな道案内。
チビふくろうはかあちゃに会えるのでしょうか?

とても分かりやすいお話なので、子どもたちはリスの間違いを指摘しながらいつの間にかふくろうの母親探しに夢中になっていました。
リスの間違いにやきもきしたのか、
「ちがうやん、チビみたいなのででっかいのやん」
って教えてくれる子も。
最後はちゃんとお母さんにあえるのですが、またもや、、、、、

お話のおしまいに裏表紙を見て
「またまいごやん!」
だって(^^)
とても楽しかったようで、また読んでとせがまれました。

絵本読んで!

絵本:にぎりめしごろごろ

「にぎりめしごろごろ」
再話:小林 輝子
絵:赤羽 末吉

とりグループ、ほしグループのお友達と一緒に、にぎりめしをごーろごろ。

地蔵盆にちなんで、お地蔵様の登場する絵本を読んでみました。
赤羽末吉さんの素朴で、いかにも昔話っぽい絵がとても印象に残ります。
さて、今回はとりグループさんとほしグループさんで聞き比べをしてみました。

まず、とりグループさん。
読みはじめからみんなワクワクしながら絵本に集中している様子。真剣にお話を聞いています。
読み終えると、お話を胸いっぱいに吸い込んだあとの、はぁと言うため息。
楽しかったようです。
読み終えてから子どもたちに聞くと、最後の文章「だから、よくばりするもんでねえんだよ」と言う意味もちゃんと分かっていたようで、よくばりじいさんの悪事を見逃していませんでした。
とりグループさんはお話を真正面から受け止めて、一生懸命理解して、楽しんでいるんだなぁと思いました。

お次は、別の部屋でほしグループさん。
この本を読むにあたって、読み方をどうするか考えたのですが、会話が少ない文章は昔話らしく淡々と読みながら、おじいさんのとる行動を少し大げさに表現しながら読みました。
にわとりの真似をしてひざかぶをばたばたっとする場面も、実際に私自身ひざをはたき、にわとりの羽音に似せて「コケッコッコー!」と少し大げさに。
そして、それに驚く鬼の様子も引き立たせて読みます。
すると、子どもたちは「あはは」と笑い出します。
ほしグループさんは、嘘のにわとりに大騒ぎする鬼の様子が可笑しかったようです。
おじいさんが物真似してるだけなのに、バカな鬼だなぁ。
そう、この可笑しさがあるから、よくばりじいさんが思わず「ケラケラッ」と笑ってしまい、鬼に見つかってしまう場面へつながるのです。
ほしグループの子どもたちはその面白さにちゃんと気付いていたことに驚きました。

1才違うだけで、こんなにお話を読み解く力、お話の面白さを理解する力が違うんだと感心しました。

同じ絵本でも、読み手によって感じ方は違うもの。
だから、一度だけ読むのではなく、何度も読んであげたいものですね。

絵本読んで!

絵本:そらまめくんとめだかのこ

「そらまめくんとめだかのこ」
作:なかや みわ
出版社:福音館書店

とりグループのお友達と一緒に、そらまめくんのふんわりベッドでお昼寝。

なかやみわさん作、そらまめくんシリーズの1冊です。
雨降り、水遊び、畑での枝豆作り、と思い浮かべてこの絵本を選んでみました。
みずたまりに迷い込んだめだかの子を、そらまめくんたちが助け出すお話です。

楽しそうに水遊びするまめたちの姿は、夏の日に園庭で水遊びしたりプール遊びをしたりする子どもたちの姿と一緒。
楽しい水とのふれあいを感じます。
そして、困ったなどうしようと、まめたちが考える姿は、子どもたちが力を合わせて何かを成し遂げる姿。
そんな、まめたちの姿を自身に映して感じてくれたかな?
のんびり、楽しく過ごすまめたちが、少しうらやましいですね。